【閉鎖】トラストレンディング 掲示板

フォーラム 【閉鎖】トラストレンディング 掲示板

このトピックには1,022件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2019年4月2日 at 11:22 だめだ さんが最後の更新を行いました。

100件の投稿を表示中 - 601 - 700件目 (全1,023件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #423 返信 削除依頼

    貸金のプロですからね

    #422 返信 削除依頼

    e

    エーアイトラストは
    ソーシャルレンディング以外
    各種事業を行ってます!
    そこら辺からも期待します!!

    #421 返信 削除依頼

    時間外労働ご苦労様です

    工作員が湧いてきたな
    みんくれのときと同じだーー

    #420 返信 削除依頼

    そういう俺もトラストレンディングは信用してる。
    公共事業なら利回りが高いのも納得できるし

    #419 返信 削除依頼

    貧乏人
    >>379
    希望を持ちたいのは分かる。 最悪の事態は想定しておいて損はない。何事もなく復活したらよかった良かったでいいのだから。 >>378さんの見解が鋭いと思う。

    考え方は人それぞれなので、誰の意見も否定はしませんが、どう考え
    ても全案件期失などの最悪の事態をイメージできません。

    まず、20ヶ月新規案件が出せないと倒産に繋がる理由がわかりません。

    新規案件が出せないと資金繰りが厳しくなるのは、リファイナンスが
    必要になる案件や自転車操業で資金調達をしなければいけない案件等。
    今回の案件はいずれもプロジェクト案件で、後日の資金調達を必要と
    する内容ではありません。

    新規案件が出せなければ、家賃や人件費が払えないという理屈もよく
    わかりません。
    もし、そうなら、彼らはどこからコストの原資や利益を得ていたので
    しょうか。
    投資家に支払う利息と融資先から回収する利息の差額で得ている、
    つまりは、利息が契約どおり融資先から回収できる限り、彼らの
    運転資金のショートはありえません。
    まして、オフィスはレンタルオフィスで、人数も数人となれば、随分
    想定が違います。
    それに、ある程度の蓄えもあるとどなたかが調べていました。

    情報を全て鵜呑みにはできませんが、疑心暗鬼になり、会社の説明内容
    も勘ぐり、否定し、勝手に邪推ばかりしていても意味がないと思います。

    #418 返信 削除依頼

    俺はトラレンを信じる

    #417 返信 削除依頼

    誰かの陰謀じゃねーか。
    公共事業案件なら良くないと思ってる奴もいるだろし。
    マネオが注意そらす為に仕組んだのかもしれんし

    松本さん、悪い噂書かれてるけど、ここだぞ。
    あなたはどうしたいんだ

    #416 返信 削除依頼

    匿名
    >>401
    ソーシャルレンディングの中ではトラストレンディングが一番信頼できると思っていたが。 肩書もった元役人いっぱい揃えてるし、コンプラにも力入れてたし。 もうソーシャルレンディングからは撤退時期なのかな。

    同じく、信頼度が高いのはトラストレンディングだと思っていました。

    #415 返信 削除依頼

    本日、17.45分に再度電話。
    担当者の話しだと
    ①貸付先、請負元とは処分勧告後も連絡取れているとの事。
    ②リファイナンス案件は無いので、営業停止から
    即全案件期失は無いとの事。
    ③回収係の鈴木弁護士とは形のみの契約では無く
    大事の際、回収担当として動ける契約になっているとの事。

    聞く限りだと全案件全損は避けられそうかも…

    #414 返信 削除依頼

    匿名
    >>374
    ソシャレン業者で問題起こして無事だった企業があっただろうか・・・

    クラウドバンクという行政処分2回喰らっていながら今や信頼性トップクラスと評価される業者がおりますが。
    トラストレンディングも今回の処分を乗り越えてそうなってほしいもんですね。

    #413 返信 削除依頼

    匿名

    30万メキシコペソの方は、ここ以外でご活躍ください

    #412 返信 削除依頼

    匿名
    >>410
    神は実在しません。 Trustと同じですから。

    実在してない思われてるのであれば、関係もない方の発言はいらないのではないでしょうか?
    よそでご活躍をお祈りします。

    #411 返信 削除依頼

    老人

    仰々しく元官僚様達の名を羅列していたが、投資家を欺くための手段であったのか。            いくら能書き垂れてもバックボーン(例えば親会社が上場企業)がなかったら、絵空事にすぎないとゆうのが はっきりした。 

    #410 返信 削除依頼

    神は実在しません。
    Trustと同じですから。

    #409 返信 削除依頼

    匿名
    >>408
    いいえ。 30万メキシコペソです。 もう諦めました。

    その発言はよく分かりませんが、貴方の発言は神に対して恥ずかしくないものですか?

    #408 返信 削除依頼

    いいえ。
    30万メキシコペソです。
    もう諦めました。

    #407 返信 削除依頼

    匿名
    >>406
    神様。 全てが実在しない幻なのですか。

    ちなみに貴方はトラストレンディング にいくら投資してるの?

    #406 返信 削除依頼

    神様。
    全てが実在しない幻なのですか。

    #405 返信 削除依頼

    パチンコは10倍になりますが、
    slは5%増えるか全損ですが。

    #404 返信 削除依頼

    匿名

    SLってなんかパチンコ屋みたいですよねw
    SL会社がパチンコ屋、案件がパチンコ台で客は踊らせられてる。
    開店前に並ぶ価値ありかな?

    #403 返信 削除依頼

    かずや

    一月の分配は???

    #402 返信 削除依頼

    黒猫

    今後の配当金は一切もらえないの:(;゙゚’ω゚’):??

    #401 返信 削除依頼

    ナサニエル

    ソーシャルレンディングの中ではトラストレンディングが一番信頼できると思っていたが。
    肩書もった元役人いっぱい揃えてるし、コンプラにも力入れてたし。
    もうソーシャルレンディングからは撤退時期なのかな。

    #400 返信 削除依頼

    なんだよーさん

    役人を使ったのは、どこかの蟹、米、野菜、玉手箱と同じようなもの
    投資家を誘き寄せるエサ
    招へいみたいに資産隠しされる前に行動しなきゃ、根こそぎまたやられるぞ

    #399 返信 削除依頼

    そうか、全てが幻であったと。

    #398 返信 削除依頼

    匿名
    >>397
    トラストレンディングが死んだら役人の天下り先が減るぞ。 という考えでつぶれないと思いたい。

    天下り多数でこの行政処分ですよー潰れてもいいんじゃないですか?

    #397 返信 削除依頼

    ナサニエル

    トラストレンディングが死んだら役人の天下り先が減るぞ。
    という考えでつぶれないと思いたい。

    #396 返信 削除依頼

    匿名

    トラストレンディング にメールしたけど、丸4日もメール返信ないし次の一手を打とうと思います。
    行政処分の追加になっても、もう知りません。

    #395 返信 削除依頼

    匿名

    SL被害で寒いんだけど、レンダータウンは熱くなってきましたねw

    #394 返信 削除依頼

    誰も嘘だらけとかボンジスキームとは
    書いてませんよ。
    全てが架空の記載だった場合ですから。

    #393 返信 削除依頼

    匿名

    今回発見された案件以外も内容が嘘だらけであったりポンジーであればトラレンも死亡確定ですが、
    今回の2案件についてのみの問題であれば、致命傷ではないと考えてます。
    業界最悪の処分(3カ月間業務停止)を食らったクラウドバンクが死んでないので、業務停止自体が直接的死因にならない気がします。

    #392 返信 削除依頼

    ~不安を抱えて年末へ、絶望したまま新年へ。~

    (1) 業務停止命令
     金融商品取引業のすべての業務(顧客取引の結了のための処理を除く。)を平成30年12月14日から同31年1月13日まで停止すること。

    一か月の業務停止処分は、当該案件の法令違反事案(2件、募集額:9億円)に照らせば行政当局はかなり深刻に受け止めていることが窺える。

    1つつの理由は、

    「・ 本プロジェクトは、原発事故被災地の水資源の安全向上を目的として実施される除染事業であり、非常に公益性の高い内容である
     ・ 本プロジェクトは、原発事故被災地域に堆積した放射性物質を封じ込め、居住区域等への飛散、流入を防止する対策を実施するものである
     ・ 本プロジェクトにおける放射性物質を取除く方法は、政府の基本方針に沿った内容である
     ・ 本債権ファンド借入人は、本プロジェクトを請け負う事業統括会社との間に業務請負契約を締結し、プロジェクト準備資金の調達・施工の計画立案等の支援業務を行う
     ・ 本債権ファンド借入人における資金使途は、上記支援業務に係る労務費・外注費等や、各協力会社へ支払う外注費・資材調達費等(プロジェクト準備資金)等である
    旨等を記載するとともに、スキーム図において、復興庁や環境省等の名称を用いて、あたかも官公庁等が関与して行う除染事業の支援業務を行う目的で、本債権ファンドで集められた資金が貸付けられるかのような表示をしている。
     しかしながら、該当する官公庁等が関与して行う除染事業は存在せず、このため、本債権ファンド借入人に対しては、上記の取得勧誘時の表示のような、官公庁等が関与して行う除染事業の存在及び実行を前提とした資金使途のための貸付けは当初から行われていない。」

    にあるように、復興庁ヤ環境庁などの官公庁を虚構的に引い会いに取得勧誘をかけていることを重大視しているものと認めれれる。

    #391 返信 削除依頼

    かずや

    1月の配当は、なし ですかね?

    #390 返信 削除依頼

    匿名
    >>373
    ポジティブ派の意見を書かせてもらいますと、 もともとトラレンはリファイナンスで食いつなぐタイプではないし、常時案件募集してたわけでもないので、数か月程度業務停止になっても、稼働中の案件収益があればしばらくは食っていけると考えてます。 まあ、案件が嘘だらけでデフォルトだらけになったらもちろん終わりですが、今のところはそこまでいってないと思います。

    私も373の考えと同じです。

    #389 返信 削除依頼

    レッドマフラー
    >>388
    今年はあたり色々当たったなーw 仮想通貨はコインチェック、ザイフw 交通違反2回で免停寸前w SBISLの22号とトラレンw 私より被害多い方がは心中お察しします。

    追加します。
    TATERUの株も被弾しました。
    これが現在では一番被害多かったw130万w

    #388 返信 削除依頼

    レッドマフラー

    今年はあたり色々当たったなーw
    仮想通貨はコインチェック、ザイフw
    交通違反2回で免停寸前w
    SBISLの22号とトラレンw
    私より被害多い方がは心中お察しします。

    #387 返信 削除依頼

    訴えられたら対応に大忙し!!

    #385 返信 削除依頼

    >>378

    それらすべてが実在していた場合ですが?

    #385 返信 削除依頼

    >>383
    わたしは訴訟します。 訴訟考えてる方いませんか?

    今後の展開によっては考えます!

    #384 返信 削除依頼

    ~不安を抱えて年末へ、絶望したまま新年へ。~

    エーアイトラスト株式会社に対する行政処分について

    平成30年12月14日

    関東財務局

    エーアイトラスト株式会社に対する行政処分について

    1.エーアイトラスト株式会社(本店:東京都港区、法人番号1010701020889、第二種金融商品取引業)(以下「当社」という。)に対する検査の結果、以下の問題が認められたことから、証券取引等監視委員会より行政処分を求める勧告が行われた。(平成30年12月7日付)

     当社は、当社ウェブサイトにおいて、自らを営業者とする匿名組合の出資持分(以下「ファンド」という。)の自己募集を行い、その出資金を法人に対する貸付けによって運用している。
     当社が取扱うファンドの取得勧誘の適切性等について検証したところ、以下の問題が認められた。

    ○ ファンドの取得勧誘に関し、虚偽の表示をする行為
    (1) 債権担保付ローンファンドについて
     当社は、平成30年5月から6月にかけて、「債権担保付ローンファンド(139号~146号、155号~158号)」(以下「本債権ファンド」という。)の募集を行い、投資家から総額約6億円の出資を受けている。
     当社は、本債権ファンドの取得勧誘に際し、当社ウェブサイト上の本債権ファンドに係る募集ページにおいて、当該出資金の貸付先(以下「本債権ファンド借入人」という。)が関与するプロジェクト(以下「本プロジェクト」という。)や資金使途等に関し、
     ・ 本プロジェクトは、原発事故被災地の水資源の安全向上を目的として実施される除染事業であり、非常に公益性の高い内容である
     ・ 本プロジェクトは、原発事故被災地域に堆積した放射性物質を封じ込め、居住区域等への飛散、流入を防止する対策を実施するものである
     ・ 本プロジェクトにおける放射性物質を取除く方法は、政府の基本方針に沿った内容である
     ・ 本債権ファンド借入人は、本プロジェクトを請け負う事業統括会社との間に業務請負契約を締結し、プロジェクト準備資金の調達・施工の計画立案等の支援業務を行う
     ・ 本債権ファンド借入人における資金使途は、上記支援業務に係る労務費・外注費等や、各協力会社へ支払う外注費・資材調達費等(プロジェクト準備資金)等である
    旨等を記載するとともに、スキーム図において、復興庁や環境省等の名称を用いて、あたかも官公庁等が関与して行う除染事業の支援業務を行う目的で、本債権ファンドで集められた資金が貸付けられるかのような表示をしている。
     しかしながら、該当する官公庁等が関与して行う除染事業は存在せず、このため、本債権ファンド借入人に対しては、上記の取得勧誘時の表示のような、官公庁等が関与して行う除染事業の存在及び実行を前提とした資金使途のための貸付けは当初から行われていない。
     このように、当社は、本債権ファンドの取得勧誘に関して、虚偽の表示を行っていたものと認められる。

    (2)動産担保付ローンファンドについて
     当社は、平成30年7月から8月にかけて、「動産担保付ローンファンド(163号、165号~168号、170号~174号)」(以下「本動産ファンド」という。)の募集を行い、投資家から総額約3億円の出資を受けている。
     当社は、本動産ファンドの取得勧誘に際し、当社ウェブサイト上の本動産ファンドに係る募集ページにおいて、当該出資金の貸付先(以下「本動産ファンド借入人」という。)が関与する事業や返済原資等に関し、
     ・ 本動産ファンド借入人は、長距離無線通信に係る商用サービス開始に先立つ実証実験の準備を進めている
     ・ 本動産ファンド借入人は、当該実証実験の終了後に、全国に多数の拠点を持つ大手企業との業務・資本提携を予定しており、それにより安定的な収益源を確保する計画である
     ・ 提携先の相手方企業は、2020年東京オリンピックのJOCゴールドパートナーとなっている大手企業である
    旨等を記載するとともに、スキーム図において、当該大手企業との業務提携等が予定されている旨を記載するなど、あたかも本動産ファンド借入人において、実証実験終了後に、当該大手企業との業務提携等が予定され、これにより得られた収益を原資として返済が行われるかのような表示をしている。
     しかしながら、実際には当該大手企業との業務提携等の予定は存在せず、このため、本動産ファンド借入人に対しては、当初から、上記の取得勧誘時の表示のような、当該大手企業との業務提携や、当該業務提携に係る事業による収益が返済原資となることなどを前提とした貸付けは行われていない。
     このように、当社は、本動産ファンドの取得勧誘に関して、虚偽の表示を行っていたものと認められる。

     当社が行った上記の行為は、金融商品取引法第38条第9号に基づく金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第1項第2号に掲げる「金融商品取引契約の締結の勧誘に関して、虚偽の表示をする行為」に該当するものと認められる。

    2.このため、本日、当社に対し、下記(1)については金融商品取引法第52条第1項の規定に基づき、下記(2)については同法第51条の規定に基づき、以下の行政処分を行った。

    (1) 業務停止命令
     金融商品取引業のすべての業務(顧客取引の結了のための処理を除く。)を平成30年12月14日から同31年1月13日まで停止すること。

    (2) 業務改善命令
      1) ファンド募集にかかる事務プロセスを網羅的に検証したうえで、今般の法令違反が発生した原因及び業務運営態勢上の問題点を究明すること。また、今般の法令違反について、責任の所在を明確にするとともに、金融商品取引業務を適切に行うための経営管理態勢及び業務運営態勢を再構築すること。
      2) 募集したファンド全件について、取得勧誘及び運用・管理の状況等(貸付先の資金管理の実態や資金の使途を含む)を精査したうえで、投資者保護に必要な対応を図ること。
      3) 本件行政処分の内容及び改善対応策について、全ての顧客を対象に、適切な説明を実施し、説明結果を報告すること。
      4) 顧客からの問い合わせ等に対して誠実かつ適切に対応するとともに、投資者間の公平性に配慮しつつ、投資者保護に万全の措置を講ずること。
      5) 上記1)から4)までの対応について、平成31年1月11日までに、進捗状況及び対応結果について報告すること。

    本ページに関するお問い合わせ先

    理財部証券監督第3課 電話048-600-1293

    #383 返信 削除依頼

    被害額200万

    わたしは訴訟します。
    訴訟考えてる方いませんか?

    #382 返信 削除依頼

    匿名

    これで950万円ソーシャルレンディングで焦げ付いた

    #381 返信 削除依頼

    匿名

    一言申し上げます。
    貸した金は返せよ!
    以上

    #380 返信 削除依頼

    レッドマフラー

    20万円やられたー。。。

    #379 返信 削除依頼

    匿名

    希望を持ちたいのは分かる。
    最悪の事態は想定しておいて損はない。何事もなく復活したらよかった良かったでいいのだから。
    >>378さんの見解が鋭いと思う。

    #378 返信 削除依頼

    現実逃避はいけないよ

    トラレンもまさか業務停止なんかにならねえだろうとタカをくくっていたが
    金融庁の処分は厳しかった
    業務停止1ケ月だが、実際には全案件償還するまで新規案件や新規会員募集は出せない
    常識的に考えて20ヵ月も持ち堪えることなんて不可能
    毎月数百万もする家賃、年間数億もかかる高額な人件費(役員報酬が高い)
    たった数人の零細中小企業、
    ハッキリ言います 
    すぐに資金ショートし全案件期失になります。必ずです

    #377 返信 削除依頼

    >>373
    ポジティブ派の意見を書かせてもらいますと、 もともとトラレンはリファイナンスで食いつなぐタイプではないし、常時案件募集してたわけでもないので、数か月程度業務停止になっても、稼働中の案件収益があればしばらくは食っていけると考えてます。 まあ、案件が嘘だらけでデフォルトだらけになったらもちろん終わりですが、今のところはそこまでいってないと思います。

    私もそう思います!

    #376 返信 削除依頼

    匿名

    ソシャレン業者はいろんな業者が問題起こしてますが、それらすべてが終了になったわけではないので希望を持ちたいと思います。

    #375 返信 削除依頼

    匿名
    >>374
    外為どっとコムも業務停止くらったことあるけど今は元気に営業中 俺にできることは信じることだけ

    外為どっとコムはソシャレンではない

    #374 返信 削除依頼

    外為どっとコムも業務停止くらったことあるけど今は元気に営業中
    俺にできることは信じることだけ

    #373 返信 削除依頼

    匿名

    ポジティブ派の意見を書かせてもらいますと、
    もともとトラレンはリファイナンスで食いつなぐタイプではないし、常時案件募集してたわけでもないので、数か月程度業務停止になっても、稼働中の案件収益があればしばらくは食っていけると考えてます。
    まあ、案件が嘘だらけでデフォルトだらけになったらもちろん終わりですが、今のところはそこまでいってないと思います。

    #372 返信 削除依頼

    匿名
    >>374
    ソシャレン業者で問題起こして無事だった企業があっただろうか・・・

    私もそう思います。
    終わった。

    #374 返信 削除依頼

    匿名

    ソシャレン業者で問題起こして無事だった企業があっただろうか・・・

    #373 返信 削除依頼

    jin
    >>369
    配当など、回収業務は可能。

    回収業務可能ということは楽観的に考えれば新規案件と新規会員募集ができないだけなので、借り換え案件がなければ大丈夫と考えられませんか?

    #372 返信 削除依頼

    匿名
    >>370
    クラウドバンクは3カ月食らったんだっけ? 1カ月ならまだましと思いたい・・・

    過去の例でいうと期間は関係ないんだよね
    みんくれもラキバンも1カ月だけどその後・・・

    #371 返信 削除依頼

    業務停止、なんてこったーさん

    このながれでは数か月後全案件期失、最終的にはサービサーに投げると思うんだけど、
    東京の土地でさえ30%
    まさか、みんくれみたいに3%はないよね

    #370 返信 削除依頼

    匿名

    クラウドバンクは3カ月食らったんだっけ?
    1カ月ならまだましと思いたい・・・

    #369 返信 削除依頼

    匿名
    >>367
    (顧客取引の結了のための処理を除く。)とは利払いも含みますか? またもし案件が正常だった場合、回収業務等はできるのでしょうか?

    配当など、回収業務は可能。

    #368 返信 削除依頼

    匿名
    >>352
    これだけだと内容がよくわからない

    トラレンは貸付先が虚偽したって言ってるけど
    認めないと思うけど実際はトラレン側が虚偽したってことなんでしょ

    #367 返信 削除依頼

    jin

    (顧客取引の結了のための処理を除く。)とは利払いも含みますか?
    またもし案件が正常だった場合、回収業務等はできるのでしょうか?

    #366 返信 削除依頼

    匿名

    50万円やられた。

    #365 返信 削除依頼

    とくめいデカ

    投資家保全しろって業務停止させたら逆効果だろ金融庁さんよー

    #364 返信 削除依頼

    ht

    終わったね、まっ当然だけど。

    #363 返信 削除依頼

    業務停止、なんてこったーさん

    みんくれ、ラキバンコースじゃんかよ

    #362 返信 削除依頼

    いくら

    どう判断すればいいかわからない。
    虚偽記載のみで業務停止になり得るのか。

    #361 返信 削除依頼

    匿名
    >>1

    名誉棄損で訴えられるよ

    #359 返信 削除依頼

    クラバンって何ヶ月業務停止くらってた?

    #358 返信 削除依頼

    匿名

    金融庁の対応が厳しくなってるだけ?

    #357 返信 削除依頼

    まじ

    うちの会社も7年くらい前に業務停止6ヶ月くらったことあるけどまだ会社は生きてる

    #356 返信 削除依頼

    スキーム図において、
    当該大手企業との業務提携等が予定されている旨を記載するなど、
    あたかも本動産ファンド借入人において、
    実証実験終了後に、当該大手企業との業務提携等が予定され、
    これにより得られた収益を原資として返済が行われるかのような表示をしている。
    しかしながら、実際には当該大手企業との業務提携等の予定は存在せず、
    このため、本動産ファンド借入人に対しては、
    当初から、上記の取得勧誘時の表示のような、当該大手企業との業務提携や、
    当該業務提携に係る事業による
    収益が返済原資となることなどを前提とした貸付けは行われていない。

    【証券取引等監視委員会の勧告内容】

    #355 返信 削除依頼

    監視委員会が調べたところ
    これらの事業は実際には存在せず
    融資も行われていなかったということです。
    このため監視委員会は、
    うその説明をして投資を勧誘したことが
    金融商品取引法に違反するとして、
    この会社に行政処分を行うよう金融庁に勧告しました。

    この会社がこれまでに集めた資金は
    総額およそ50億円に上るということで、
    監視委員会は集めた資金の使いみちなども調べています。

    【NHK NEWS WEBより引用】

    https://www.sl-gakkou.com/detail/10/348.html

    #354 返信 削除依頼

    e
    >>1

    架空融資とは読めませんが

    #352 返信 削除依頼

    これだけだと内容がよくわからない

    #351 返信 削除依頼

    静観

    エーアイトラスト株式会社に対する行政処分について
    1.エーアイトラスト株式会社(本店:東京都港区、法人番号1010701020889、第二種金融商品取引業)(以下「当社」という。)に対する検査の結果、以下の問題が認められたことから、証券取引等監視委員会より行政処分を求める勧告が行われた。(平成30年12月7日付)

     当社は、当社ウェブサイトにおいて、自らを営業者とする匿名組合の出資持分(以下「ファンド」という。)の自己募集を行い、その出資金を法人に対する貸付けによって運用している。
     当社が取扱うファンドの取得勧誘の適切性等について検証したところ、以下の問題が認められた。

    ○ ファンドの取得勧誘に関し、虚偽の表示をする行為
    (1) 債権担保付ローンファンドについて
     当社は、平成30年5月から6月にかけて、「債権担保付ローンファンド(139号~146号、155号~158号)」(以下「本債権ファンド」という。)の募集を行い、投資家から総額約6億円の出資を受けている。
     当社は、本債権ファンドの取得勧誘に際し、当社ウェブサイト上の本債権ファンドに係る募集ページにおいて、当該出資金の貸付先(以下「本債権ファンド借入人」という。)が関与するプロジェクト(以下「本プロジェクト」という。)や資金使途等に関し、
     ・ 本プロジェクトは、原発事故被災地の水資源の安全向上を目的として実施される除染事業であり、非常に公益性の高い内容である
     ・ 本プロジェクトは、原発事故被災地域に堆積した放射性物質を封じ込め、居住区域等への飛散、流入を防止する対策を実施するものである
     ・ 本プロジェクトにおける放射性物質を取除く方法は、政府の基本方針に沿った内容である
     ・ 本債権ファンド借入人は、本プロジェクトを請け負う事業統括会社との間に業務請負契約を締結し、プロジェクト準備資金の調達・施工の計画立案等の支援業務を行う
     ・ 本債権ファンド借入人における資金使途は、上記支援業務に係る労務費・外注費等や、各協力会社へ支払う外注費・資材調達費等(プロジェクト準備資金)等である
    旨等を記載するとともに、スキーム図において、復興庁や環境省等の名称を用いて、あたかも官公庁等が関与して行う除染事業の支援業務を行う目的で、本債権ファンドで集められた資金が貸付けられるかのような表示をしている。
     しかしながら、該当する官公庁等が関与して行う除染事業は存在せず、このため、本債権ファンド借入人に対しては、上記の取得勧誘時の表示のような、官公庁等が関与して行う除染事業の存在及び実行を前提とした資金使途のための貸付けは当初から行われていない。
     このように、当社は、本債権ファンドの取得勧誘に関して、虚偽の表示を行っていたものと認められる。

    (2)動産担保付ローンファンドについて
     当社は、平成30年7月から8月にかけて、「動産担保付ローンファンド(163号、165号~168号、170号~174号)」(以下「本動産ファンド」という。)の募集を行い、投資家から総額約3億円の出資を受けている。
     当社は、本動産ファンドの取得勧誘に際し、当社ウェブサイト上の本動産ファンドに係る募集ページにおいて、当該出資金の貸付先(以下「本動産ファンド借入人」という。)が関与する事業や返済原資等に関し、
     ・ 本動産ファンド借入人は、長距離無線通信に係る商用サービス開始に先立つ実証実験の準備を進めている
     ・ 本動産ファンド借入人は、当該実証実験の終了後に、全国に多数の拠点を持つ大手企業との業務・資本提携を予定しており、それにより安定的な収益源を確保する計画である
     ・ 提携先の相手方企業は、2020年東京オリンピックのJOCゴールドパートナーとなっている大手企業である
    旨等を記載するとともに、スキーム図において、当該大手企業との業務提携等が予定されている旨を記載するなど、あたかも本動産ファンド借入人において、実証実験終了後に、当該大手企業との業務提携等が予定され、これにより得られた収益を原資として返済が行われるかのような表示をしている。
     しかしながら、実際には当該大手企業との業務提携等の予定は存在せず、このため、本動産ファンド借入人に対しては、当初から、上記の取得勧誘時の表示のような、当該大手企業との業務提携や、当該業務提携に係る事業による収益が返済原資となることなどを前提とした貸付けは行われていない。
     このように、当社は、本動産ファンドの取得勧誘に関して、虚偽の表示を行っていたものと認められる。

     当社が行った上記の行為は、金融商品取引法第38条第9号に基づく金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第1項第2号に掲げる「金融商品取引契約の締結の勧誘に関して、虚偽の表示をする行為」に該当するものと認められる。

    2.このため、本日、当社に対し、下記(1)については金融商品取引法第52条第1項の規定に基づき、下記(2)については同法第51条の規定に基づき、以下の行政処分を行った。

    (1) 業務停止命令
     金融商品取引業のすべての業務(顧客取引の結了のための処理を除く。)を平成30年12月14日から同31年1月13日まで停止すること。

    (2) 業務改善命令
      1) ファンド募集にかかる事務プロセスを網羅的に検証したうえで、今般の法令違反が発生した原因及び業務運営態勢上の問題点を究明すること。また、今般の法令違反について、責任の所在を明確にするとともに、金融商品取引業務を適切に行うための経営管理態勢及び業務運営態勢を再構築すること。
      2) 募集したファンド全件について、取得勧誘及び運用・管理の状況等(貸付先の資金管理の実態や資金の使途を含む)を精査したうえで、投資者保護に必要な対応を図ること。
      3) 本件行政処分の内容及び改善対応策について、全ての顧客を対象に、適切な説明を実施し、説明結果を報告すること。
      4) 顧客からの問い合わせ等に対して誠実かつ適切に対応するとともに、投資者間の公平性に配慮しつつ、投資者保護に万全の措置を講ずること。
      5) 上記1)から4)までの対応について、平成31年1月11日までに、進捗状況及び対応結果について報告すること。

    #350 返信 削除依頼

    匿名
    >>1

    マジかよ

    #349 返信 削除依頼

    匿名

    業務停止・・・・

    #348 返信 削除依頼

    ボンジスキームだったかも
    知れませんね。

    #347 返信 削除依頼

    匿名
    >>1

    これって、全件がデフォルト?

    #346 返信 削除依頼

    匿名
    #345 返信 削除依頼

    匿名
    >>344
    ここにわざわざ、トラレンの批判をしにくる人はなんですかね? 投資してるわけではないし、煽って投資家を不安にさせて喜んでるだけですかね。

    誰にも相手してもらえないので、ここで相手してもらいたいのでしょう。
    ほっときましょう。

    #344 返信 削除依頼

    匿名

    ここにわざわざ、トラレンの批判をしにくる人はなんですかね?
    投資してるわけではないし、煽って投資家を不安にさせて喜んでるだけですかね。

    #343 返信 削除依頼

    歴史は繰り返される

    ちゃんとしていたのなら行政処分なんて受けてないはず
    イカサマなんかしない
    たった数人の中小企業、逝くのは早いものです
    代表やその家族の経歴を調べて見なさい
    今後どのようになるか分るよ

    #342 返信 削除依頼

    新規案件が出せなくても今の案件がちゃんとしてれば問題ないだろ
    そもそもここは本業は他の部門なんだから

    #340 返信 削除依頼

    歴史は繰り返される

    新規案件が出せない
    もう終わり
    時間の問題
    ガイア即、ラキバン1ケ月、グリーン1ケ月、みんくれ3か月
    この流れは誰にも止められない

    #339 返信 削除依頼

    辺野古土砂投入開始
    トラレン盤石

    #338 返信 削除依頼

    匿名

    もし仮にトラストの言い分に矛盾点があった場合は、早急に集団訴訟に向けて動くべきである。

    #337 返信 削除依頼

    匿名

    過去の例では処分発表は夕方頃の可能性が高い

    #336 返信 削除依頼

    maneoファミリーへの監督責任は大きい

    14日に処分内容が公表されます。

    #335 返信 削除依頼

    匿名

    14日に処分内容が公表されるのですか?

    #334 返信 削除依頼

    明日

    処分によっては、全件デフォルトもあり得る?

    #333 返信 削除依頼

    被弾者

    不動産特定共同事業のTATERUと第二種金融商品取引業のトラレンとを単純に比較できないだろ。監督官庁違うし。

    #332 返信 削除依頼

    ht

    ここも、面白い、始のうちは期間が短いフアンドのが殆どだったのに、だんだん、気が付かない内に長いの
    が多くなって(笑)

    注意したほうがよいと思います。

    #331 返信 削除依頼

    貧乏人
    >>330
    大変貴重なご意見ありがとうございます。 私は勧告を受けた事よりも、約款の規定を運用させない事に信用失墜しました。 勧告を受けたことは確かに故意ではないかもしれませんし、改善の余地もあるでしょう。しかし、約款どおり運用させないのは故意的で改善する気がないのでしょう。

    約款は、「(f) 本契約に定める営業者の表明及び保証が重大な点に
    おいて真実に反することが判明した場合。」となっています。
    もうお判りと思いますが、ポイントは、「重要な点において真実に
    反する」という部分です。

    今回の虚偽表示が「重要な点」か否かについては、既に類似判例で
    結果は出ていますが、それは現時点で表に出しておらず、軽微な
    過失にすぎないと言い張るつもりでしょう。
    そして、「真実に反する」という部分にフォーカスし、勧告内容が
    表現が強く故意と解釈されかねない表現になっていたことに反発し、
    逆にそれを利用する形で、間違っており納得していないと表明した
    上で、故意ではなく(あくまで軽微な過失にすぎない)、真実に
    反するとまでは言えないというストーリー展開を考えたものと推測
    します。

    #330 返信 削除依頼

    匿名
    >>329
    以下は、あくまでも私の個人的見解や憶測にすぎませんので、 悪しからず。 応じると、会社の看板(トラレン事業)に傷がつくからでは ないでしょうか。 そこまでの事態であれば、中途解約の手続きも考えたでしょうが、 事業実体がしっかりあり、元本と利息の回収にも自信があるから その必要はないという判断でしょう。 実は、これまで敢えて、TL側も私も「故意」をポイントに話を していますが、本当に鍵を握る事項は「過失認定」です。 当該「虚偽表示」が重過失か軽過失かの判断であり、既に多くの 類似判例があるため、法的判断は既にハッキリ出ています。 故に、そこは表に出さずに、素人向けに、「故意」ではない点 のみにスポットを当てて回答してきているというのが真相だと 考えています。 このあたりの策略が透けて見えるため、TL側は法的な本件の 行きつく先は、必ずわかっていると見ています。 さぞや、融資先との折衝には力が入っていることでしょう。 この板はTL側も見ていると思いますので、これ以上の話は やめておくこととします。 尚、Tateruとの決定的な違いは、事業(プロジェクト)資金か 住宅建築費用かであり、さらに、融資(投資)期間についても Tateruはほとんど3~4ヶ月の超短期なので、資金繰りに余裕を もたせているだけで、常に返済準備はできていると思われます。 また、資金を投じた投資家に、収益住宅を販売してオーナーに なってもうらうことも目指していますが、一連の騒動で評判に キズが付いた状態ではそれは望めないので、中途解約を受け付 けることにより会社の信頼を回復する方法を選択したものと 判断しています。 ちなみに、私は、Tateruでは中途解約は一切考えませんでした。 TLでも受け付けるとなった場合には、今後の同社の対応次第で すが、健全で進展が早いようなら、通常のSL事業リスクに限定 されるだけのことで、さらに途中で同社やSECの徹底チェック まで入って確実性が増した状態になるため、中途解約は見送る 可能性も十分にあります。

    大変貴重なご意見ありがとうございます。
    私は勧告を受けた事よりも、約款の規定を運用させない事に信用失墜しました。
    勧告を受けたことは確かに故意ではないかもしれませんし、改善の余地もあるでしょう。しかし、約款どおり運用させないのは故意的で改善する気がないのでしょう。

    #329 返信 削除依頼

    貧乏人
    >>328
    なぜ解約に応じないのかは、会社の資金力の問題ですかね? 解約に応じたTATERUはやはり潤沢な資金を持ってたので、すごいんでしょうね。 TATERUには再起してほしいものです。

    以下は、あくまでも私の個人的見解や憶測にすぎませんので、
    悪しからず。

    応じると、会社の看板(トラレン事業)に傷がつくからでは
    ないでしょうか。
    そこまでの事態であれば、中途解約の手続きも考えたでしょうが、
    事業実体がしっかりあり、元本と利息の回収にも自信があるから
    その必要はないという判断でしょう。

    実は、これまで敢えて、TL側も私も「故意」をポイントに話を
    していますが、本当に鍵を握る事項は「過失認定」です。
    当該「虚偽表示」が重過失か軽過失かの判断であり、既に多くの
    類似判例があるため、法的判断は既にハッキリ出ています。
    故に、そこは表に出さずに、素人向けに、「故意」ではない点
    のみにスポットを当てて回答してきているというのが真相だと
    考えています。
    このあたりの策略が透けて見えるため、TL側は法的な本件の
    行きつく先は、必ずわかっていると見ています。
    さぞや、融資先との折衝には力が入っていることでしょう。
    この板はTL側も見ていると思いますので、これ以上の話は
    やめておくこととします。

    尚、Tateruとの決定的な違いは、事業(プロジェクト)資金か
    住宅建築費用かであり、さらに、融資(投資)期間についても
    Tateruはほとんど3~4ヶ月の超短期なので、資金繰りに余裕を
    もたせているだけで、常に返済準備はできていると思われます。
    また、資金を投じた投資家に、収益住宅を販売してオーナーに
    なってもうらうことも目指していますが、一連の騒動で評判に
    キズが付いた状態ではそれは望めないので、中途解約を受け付
    けることにより会社の信頼を回復する方法を選択したものと
    判断しています。

    ちなみに、私は、Tateruでは中途解約は一切考えませんでした。
    TLでも受け付けるとなった場合には、今後の同社の対応次第で
    すが、健全で進展が早いようなら、通常のSL事業リスクに限定
    されるだけのことで、さらに途中で同社やSECの徹底チェック
    まで入って確実性が増した状態になるため、中途解約は見送る
    可能性も十分にあります。

    #328 返信 削除依頼

    匿名
    >>327
    何度かメールで問い合わせし、重要と思われる回答があった ものは掲載してきた者ですが、あなたが315で書かれた内容 について、私は概ね「事実」と判断しています。 もう、募集案件が虚偽、融資もしていない、という事例でない ことは、勧告文書を見ても明らかで、その点については安心 してよいと思っています。 恐らく、TL側は、約款があるのに中途解約に応じないことの 違法性やリスクも理解していて、SECの認識が事実と反する という点に活路を見出し、故に故意ではないから解約に応じ ないというストーリーを苦し紛れに作り上げたものと思って います。 融資先の事業実体があり、回収にも自信があり、できるだけ 早期に全額償還に持っていこうとしているから、この理屈で 時間を稼ごうと考えたというのが私の見方です。 虚偽表示が故意でなければ中途解約できないというTL側の 主張が暴論で、これを論点に法的に争えばほぼ確実にTL側 が敗訴することぐらい、融資のプロ企業の彼らが一番よく 解っているはずです。 むやみに騒ぎ立てずに、基本的には連絡を待ち、適宜メール や電話で状況フォローすればよいというのが、現時点での 私の判断です。勿論、油断は禁物ではありますが。 尚、何処かの会社のように無責任にトン面や逃げの姿勢を 見せず、何が一番会社と投資者と融資先の利益になるのか を考え、説明責任を果たすべく苦し紛れの話でも伝えて くる姿勢は、ある意味、「真摯な対応」と言っても過言 ではないと個人的には思います。

    なぜ解約に応じないのかは、会社の資金力の問題ですかね?
    解約に応じたTATERUはやはり潤沢な資金を持ってたので、すごいんでしょうね。
    TATERUには再起してほしいものです。

    #327 返信 削除依頼

    貧乏人
    >>326
    訂正いたします。 前述、真摯な対応だったと書き込みましたが、担当が電話口で話しただけのことです。 根拠や裏付けるものは何もありません。 もし、電話口の話も虚偽、募集案件も虚偽、融資もしていないとなれば、行政処分にとどまらないですね。 他の問題SL業者と何ら変わりませんね。上も下もありません。 「虚偽の表記」ではなく犯罪になりますね。 問題は、このような業者が後を絶たない制度があること自体にも問題があると思います。 もし、虚偽だらけなら「被害者の会」を立ち上げる必要があります。

    何度かメールで問い合わせし、重要と思われる回答があった
    ものは掲載してきた者ですが、あなたが315で書かれた内容
    について、私は概ね「事実」と判断しています。

    もう、募集案件が虚偽、融資もしていない、という事例でない
    ことは、勧告文書を見ても明らかで、その点については安心
    してよいと思っています。

    恐らく、TL側は、約款があるのに中途解約に応じないことの
    違法性やリスクも理解していて、SECの認識が事実と反する
    という点に活路を見出し、故に故意ではないから解約に応じ
    ないというストーリーを苦し紛れに作り上げたものと思って
    います。
    融資先の事業実体があり、回収にも自信があり、できるだけ
    早期に全額償還に持っていこうとしているから、この理屈で
    時間を稼ごうと考えたというのが私の見方です。

    虚偽表示が故意でなければ中途解約できないというTL側の
    主張が暴論で、これを論点に法的に争えばほぼ確実にTL側
    が敗訴することぐらい、融資のプロ企業の彼らが一番よく
    解っているはずです。

    むやみに騒ぎ立てずに、基本的には連絡を待ち、適宜メール
    や電話で状況フォローすればよいというのが、現時点での
    私の判断です。勿論、油断は禁物ではありますが。

    尚、何処かの会社のように無責任にトン面や逃げの姿勢を
    見せず、何が一番会社と投資者と融資先の利益になるのか
    を考え、説明責任を果たすべく苦し紛れの話でも伝えて
    くる姿勢は、ある意味、「真摯な対応」と言っても過言
    ではないと個人的には思います。

    #326 返信 削除依頼

    tokumei

    訂正いたします。
    前述、真摯な対応だったと書き込みましたが、担当が電話口で話しただけのことです。
    根拠や裏付けるものは何もありません。
    もし、電話口の話も虚偽、募集案件も虚偽、融資もしていないとなれば、行政処分にとどまらないですね。
    他の問題SL業者と何ら変わりませんね。上も下もありません。
    「虚偽の表記」ではなく犯罪になりますね。
    問題は、このような業者が後を絶たない制度があること自体にも問題があると思います。
    もし、虚偽だらけなら「被害者の会」を立ち上げる必要があります。

    #325 返信 削除依頼

    セールストークと受け止めて、
    本当の結果は14日待ちです。

    #324 返信 削除依頼

    静観

    問合せに対して、迅速に対応していただきました。
    マネオマーケットやラッキーバンクとは対応が全然違います。

    お問い合わせいただきました内容について、
    1.今回の勧告の件、全投資者にメールにてスピーディーに状況説明をに行ってください。

    現在、事業実態の確認及び進捗等の調査を行っております。改めて皆様へご報告させていただきますので、
    ご報告までおまちくださいますようよろしくお願い申し上げます。
    当社ホームページ上の「お知らせ」でも随時公表いたしますのでご確認ください。

    2.本件調査が完了するまでの間、新規会員登録手続きについては一時休止とのこと、逆に投資家の不安をあおるのでは?
    一時休止の その心は?

    昨日、当社ホームページのお知らせに「Trust Lending の新規会員登録手続きの一時休止について」をリリースいたしました。
    理由としまして、当社の各ファンドの募集にかかる事務プロセスの再検証をスムーズに行うためです。
    新規の口座開設業務を一時休止することで、関係者へのヒアリングや現地調査等、個別具体的に再検証を行い
    既存の投資家様へ早急にご報告をしたいと思っております。
    再検証の内容によっては、借入人と早期償還の交渉(一部元本返済又は期限前完済)も検討しております。
    なお、新規口座開設の開始時期に関しては、改めてご報告させていただきます。

    当社の各ファンドが運用されていることは事実であり、出資されている投資家の皆様を最優先に取り組んでおります。
    今後は随時ご報告いたしますので、今しばらくお待ちくださいますよう宜しく願い申し上げます。

100件の投稿を表示中 - 601 - 700件目 (全1,023件中)
【閉鎖】トラストレンディング 掲示板へ書き込む


削除依頼フォームへ進みますか?