クラウドリース 掲示板3

フォーラム クラウドリース 掲示板3

このトピックには839件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2019年3月23日 at 11:07 匿名 さんが最後の更新を行いました。

100件の投稿を表示中 - 1 - 100件目 (全840件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #840 返信 削除依頼

    匿名

    グリフラ事件後も変わらずバンバン募集してたから安心してガンガン金入れた人多かったろうね・・。気の毒としか言えない。ブログや5chでもグリフラ以外は安心みたいな空気が強かった。全力で撤退して正解だった。ガイアは間に合わんかったけど。

    #839 返信 削除依頼

    P

    MC社、TD社、DB社が同じ会社(グループ会社)の可能性が高いような気がします。
    担保内容や返済内容をよく見てみると、MC社において一番大きな店舗を閉めましたが、その動産は担保ではないと記されています。更にLLPでの回収も記されていません。MC社の主な回収方法は、営業中の2店舗売却及びリサイクル業者の売却、不動産の売却です。
    TD社、DB社では、すでに閉店した店舗の動産(総本店の動産と推測)の売却益となっています。総本店は2016年にできた大型店舗で、内容はパチンコ364台、スロット408台です。それと並行して他業者が営業譲渡の検討申込もあると記されていました。残りは2店舗から発生する売り上げによるLLP回収です。そこで問題なのがMC社とTD社DB社が被ってしまう2店舗の処理方法なのです。MC社では2店舗は不動産付き営業権の売却となっていますがTD社DB社では売上から(LLP回収)返すとなっています。MC社では早く売却、TD社DB社ではできるだけ長く営業すれば徳という矛盾したスタンスになってしまうのです。
    不動産売却もまだ開始できず複雑な関係、これは数年はかかる雰囲気となっていますね。
    しかしクラリは同じグループ会社なのに違う会社のように見せかけ募集をしたという意味では、悪質極まりないと思っています。九州案件もたぶん同じグループ会社なのでしょう。更にパチンコ製造販売のEA案件も先月期失になったCD社と同じグループ会社のような雰囲気でした。これが詐欺に該当するのかってなると偶然グループ会社だけであって、そのことを詳しく書かなかっただけと言われれば、残念ながらそうでしたかとしか言えないのです。

    #838 返信 削除依頼

    匿名

    51億でもここの客はおとなしいのか裁判やる金がないのかほっとしてる。そっとしておいてよ。

    #837 返信 削除依頼

    匿名

    リファイなんスの要件を厳しくしたことによる延滞だから立件は難しい

    #836 返信 削除依頼

    匿名
    >>833
    グリフラでもわかるとおり 早い訴訟提起が肝要なんで 法人含む11名で代理人立て 訴訟準備中 もう少しメンバー増えるかも クラリ待っとけや〜笑

    ご苦労様。

    #835 返信 削除依頼

    匿名
    >>830
    重要なのは、同グループの話なのかと同グループだとまずいのかだと思います。 常識的にではなく、法律やマネマの規約的な違反があればかなり有効と思います。

    以前の報告から内容が全く一緒だからグループだろうと思っていたのだが、グループ貸付だとアウトなのかどうかがわからない。
    それぞれのファンド募集見ると、業歴の年数が全然違うから別会社だと解釈しても無理ない思う

    #834 返信 削除依頼

    匿名
    #833 返信 削除依頼

    グリフラでもわかるとおり 早い訴訟提起が肝要なんで 法人含む11名で代理人立て 訴訟準備中 もう少しメンバー増えるかも クラリ待っとけや〜笑

    #832 返信 削除依頼

    匿名

    夏休みの宿題じゃねぇんだから、んな内容のないくだらん読書感想文書いてねぇでさっさと回収しろ
    進行中だの要請だの言葉変えただけで、何も進んでねぇじゃんか

    どうせ社員がやってますアピールしてるだけだろ
    結果だせよ

    #831 返信 削除依頼

    匿名
    >>815
    全部ムラタだったのか  本契約に定める営業者の表明及び保証が重大な点において真実に反することが判明した場合約解除できる とある ここらへんで攻められないか http://www.mrt-recycle.co.jp/

    ここはMCだろバカが。約款まで空想すんなボケ。

    #830 返信 削除依頼

    匿名

    重要なのは、同グループの話なのかと同グループだとまずいのかだと思います。
    常識的にではなく、法律やマネマの規約的な違反があればかなり有効と思います。

    #829 返信 削除依頼

    TD

    投資家の皆様へ

    株式会社Crowd Lease(以下、当社)より、2019年1月9日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、
    回収活動状況をご報告させていただきます。該当の投資家の皆様への続報となります。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3085

    1.回収活動状況について

    当社及び関連会社の事業者Fが、債務者である事業者TDに対して実行中の回収施策につきまして、状況をご報告いたします。

    (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
    事業者TDがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。
    2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、
    1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。
    事業者TDは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、
    買取業者に見積もりを依頼しております。
    一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。
    いずれかの方法で事業者Fは第一弾の資金回収を図ります。

    (2)事業者TDの存続事業からの回収方針の再策定
    上記(1)のとおり営業店舗を2店舗に集約する事業再編を行う過程での対象動産の売却処分による返済の後は、
    残存店舗の事業収益から弁済を行う計画を事業者TDは提示しております。
    この段階で、事業者Fは、事業者TDの連帯保証人であり営業店舗の売上金からの粗利金入金・管理を行うLLP(有限責任事業組合)
    からの資金回収を行ってまいります。
    また、事業者Fは上記のLLP及び事業者TDの代表者及び取引先等の連帯保証人に対し、2月15日付けで催告書を発送し、回収を図るべく対応中です。
    事業者TDは、2店舗に集約した後に収益構造を改善し、上記のLLPからの返済継続、
    または営業権付での店舗及び対象動産売却の二案を検討しておりますが、当社は早期回収の観点から、
    その具体的な計画について事業者Fを介して事業者TDに提示を要請しております。

    2.今後の状況報告について
    引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、
    当社は事業者Fと協力し、回収に努めてまいります。
    該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #828 返信 削除依頼

    匿名
    >>826
    投資家の皆様へ 株式会社Crowd Lease(以下、当社)より、2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、 回収活動状況をご報告させていただきます。 1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。 https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3090 2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。 https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3114 1.回収活動状況について 前回のご報告以降、3月5日に事業者Cの代表者、財務経理責任者と面談し、今後の見通しについて協議いたしました。 (1)事業の継承による企業体力の強化について 同業種のアミューズメント事業を経営しております事業者Cの代表者の縁戚から、営業店舗4店舗を会社分割により継承し、 3月下旬を目途に事業者Cとして営業を開始する計画が進行中とのご報告をしておりましたが、3月16日より正式に事業者Cとして営業をスタートしました。 本事業の継承により、事業者Cは売上規模が現状のおよそ2倍に拡大することが見込まれ、 早ければ4月末より皆様への一部償還を開始することができる見通しで、具体的な金額等につきましては、4月初旬に事業者Cと打ち合わせを行い決定する予定です。 併せて、事業者Cは売上規模の拡大に伴う営業基盤の強化による新たな金融機関からの調達に向けて交渉をしております。 この金融機関からの調達については、現状においては確定的な情報としてお伝えできるものではございませんが、 融資実行がされれば、追加の返済資金となることを見込んでおります。 (2)事業者C主導による保有不動産の任意売却 事業者Mが担保設定している事業者Cの不動産の一部につきまして、事業者Cの事業外の不動産2か所を優先して売却いたします。 事業者Cは売却に向けて、対象地域での実績が豊富な不動産業者へ売却の仲介を依頼しました。 今後の状況については逐次報告を受けることになります。 (3)その他担保、保全策の実行 当社は、maneoマーケット社から上記の進捗による資金回収とともに担保権の実行や連帯保証人への請求等による回収も行うよう要請を受けております。 当社からも上記(1)及び(2)とあわせて実行を検討するよう事業者F及び事業者Mに対して要請しております。 2.今後の状況報告について 投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、回収に努めてまいります。 該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。 投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。 引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 2019年3月22日 匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease 匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    しつこい。こんな長文3回も貼るな。

    #827 返信 削除依頼

    MC社

    投資家の皆様へ

    株式会社CrowdLease(以下、当社)より、
    2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、回収活動状況をご報告させていただきます。該当の投資家の皆様への続報となります。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3095

    2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3110

    1.回収活動状況について
    当社、関連会社の事業者F及び関連会社の事業者Mが債務者である事業者MC対して実行中の回収施策につきまして、現状をご報告いたします。

    (1)アミューズメント事業における店舗売却に向けた購入希望者との交渉
    事業者MCが営業店舗として経営する4店舗のうち、低採算の1店舗は1月31日に閉店いたしました。
    なお、この店舗には事業者Fが所有する営業用動産設備(以下、「対象動産」)は含まれておりません。
    現在、店舗不動産所有者との事後処理や後継テナントへの引継ぎ作業を進めており、3月末にはこれら作業の大部分が完了する予定です。
    閉店したことによるコスト削減効果は年間3,000万円を見込んでおり、不要な資金流出を抑制することで、皆様への償還原資を確保いたします。
    他県エリアの2店舗につきましては、前回ご報告のとおり、大手アミューズメント企業との事業譲渡に向けた協議を継続中です。
    具体的な売却金額、売却予定日につきましては、前記の店舗閉店作業の終了後、4月初旬から本格的に協議に入ります。
    この事業譲渡には対象動産の売却も含まれる見込みです。(2)に述べますリサイクル事業におけるスポンサー候補との兼ね合いもあり、
    当該事業譲渡に向けた協議を急ぎ進めるよう、事業者F及び事業者Mから事業者MCに対して、引き続き強く要請しております。
    残り1店舗につきましては、事業者Fが保有している対象動産を売却して回収することになります。
    対象動産の評価査定を行った同業の事業者へ、対象動産の購入を打診しておりますが、現在のところ前記諸事情により進捗はございません。

    (2)リサイクル事業におけるスポンサー候補企業との業務資本提携に向けた協議
    リサイクル事業のスポンサー候補については、前回ご報告のとおり、事業者MCの既存取引先や大手企業など3社との協議を継続しています。
    また、ゴルフ場やメガソーラーの発電施設を数か所で運営している事業会社が、ソーラーパネルの廃棄処分事業を共同で行いたく、
    事業者MCの経営に興味を持ち、その協議に入っております。
    いずれのスポンサー候補企業も、交渉を進めていく過程で、風営法許認可業種であるアミューズメント事業の随伴の可否が課題となっています。
    従いまして、事業者MCとしては、アミューズメント事業の分離や上記(1)の事業譲渡を完了させてから、
    再度検討協議することが適切であるとの結論に至っております。
    なお、これらスポンサーとの業務資本提携や事業譲渡により得られる対価からの回収とともに、
    使用する重機、車両及び商品在庫の換価も含めて回収を実施する計画に変更はありません。

    (3)担保不動産の一部の早急な任意売却着手
    事業者MCは北関東エリアに展開事業以外で不動産を2物件所有しております。
    この不動産については売却活動を行い、返済原資に充当していく計画です。
    その他の担保不動産の処分についても任意売却を検討しておりますが、
    上記(2)の業務資本提携に影響を及ぼす可能性がある物件については、
    一時的に売却活動を控える方針です。

    2.今後の状況報告について
    引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、
    回収に努めてまいります。該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #826 返信 削除依頼

    C社

    投資家の皆様へ

    株式会社Crowd Lease(以下、当社)より、2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、
    回収活動状況をご報告させていただきます。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3090

    2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3114

    1.回収活動状況について
    前回のご報告以降、3月5日に事業者Cの代表者、財務経理責任者と面談し、今後の見通しについて協議いたしました。

    (1)事業の継承による企業体力の強化について
    同業種のアミューズメント事業を経営しております事業者Cの代表者の縁戚から、営業店舗4店舗を会社分割により継承し、
    3月下旬を目途に事業者Cとして営業を開始する計画が進行中とのご報告をしておりましたが、3月16日より正式に事業者Cとして営業をスタートしました。
    本事業の継承により、事業者Cは売上規模が現状のおよそ2倍に拡大することが見込まれ、

    早ければ4月末より皆様への一部償還を開始することができる見通しで、具体的な金額等につきましては、4月初旬に事業者Cと打ち合わせを行い決定する予定です。
    併せて、事業者Cは売上規模の拡大に伴う営業基盤の強化による新たな金融機関からの調達に向けて交渉をしております。
    この金融機関からの調達については、現状においては確定的な情報としてお伝えできるものではございませんが、
    融資実行がされれば、追加の返済資金となることを見込んでおります。

    (2)事業者C主導による保有不動産の任意売却
    事業者Mが担保設定している事業者Cの不動産の一部につきまして、事業者Cの事業外の不動産2か所を優先して売却いたします。
    事業者Cは売却に向けて、対象地域での実績が豊富な不動産業者へ売却の仲介を依頼しました。
    今後の状況については逐次報告を受けることになります。

    (3)その他担保、保全策の実行
    当社は、maneoマーケット社から上記の進捗による資金回収とともに担保権の実行や連帯保証人への請求等による回収も行うよう要請を受けております。
    当社からも上記(1)及び(2)とあわせて実行を検討するよう事業者F及び事業者Mに対して要請しております。

    2.今後の状況報告について
    投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、回収に努めてまいります。
    該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #825 返信 削除依頼

    匿名

    自分がやってる中ではME、SB、FCがきてない。

    それよりも、みさんは本当に亡くなられたんですか?

    #824 返信 削除依頼

    匿名
    >>815
    全部ムラタだったのか  本契約に定める営業者の表明及び保証が重大な点において真実に反することが判明した場合約解除できる とある ここらへんで攻められないか http://www.mrt-recycle.co.jp/

    ”本契約に定める営業者の表明及び保証が重大な点において真実に反することが判明した場合約解除できる”
    この文言何のどこにあります?

    #823 返信 削除依頼

    匿名

    >もうダメだ。早く集団訴訟しましょう!

    大賛成!!!!!

    #822 返信 削除依頼

    匿名

    SBの進捗状況はずいぶん長い間メールが来てない

    #821 返信 削除依頼

    匿名

    弁護士にも言われましたが、「初めから嘘でした」
    が有効とのことでそれが確認できると強いです。

    事業が苦しくなり手をうったがダメだった、はビジネス的に仕方ない話ということで、募集時点で違反という証拠があれば解除の助けになると思ってます。

    #820 返信 削除依頼

    匿名
    >>816
    クラリ社員の給料こそが、資金の流出だと思いますがいかがでしょうか?(笑) とりあえず、馬鹿な電話番を解雇して下さい(笑)

    電話番はクラリではなく、マネオですよ

    #819 返信 削除依頼

    匿名
    >>815
    全部ムラタだったのか  本契約に定める営業者の表明及び保証が重大な点において真実に反することが判明した場合約解除できる とある ここらへんで攻められないか http://www.mrt-recycle.co.jp/

    3社も同じであれば、完全に投資の錯誤を誘発していると思うのですが、法的はどうなんですかね

    #818 返信 削除依頼

    匿名

     八王子のマックでの女子高生の会話では、複数なんて、信じられない・・・ということみたいですよ

    #817 返信 削除依頼

    匿名

    確認です。

    複数の事業者が同じグループはダメ、はどこかにありましたっけ?
    別に繋がっていても良いとされる文章があると破綻するため確認させてください。

    #816 返信 削除依頼

    匿名
    >>796
    投資家の皆様へ 株式会社CrowdLease(以下、当社)より、 2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、回収活動状況をご報告させていただきます。該当の投資家の皆様への続報となります。 1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。 https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3095 2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。 https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3110 1.回収活動状況について 当社、関連会社の事業者F及び関連会社の事業者Mが債務者である事業者MC対して実行中の回収施策につきまして、現状をご報告いたします。 (1)アミューズメント事業における店舗売却に向けた購入希望者との交渉 事業者MCが営業店舗として経営する4店舗のうち、低採算の1店舗は1月31日に閉店いたしました。 なお、この店舗には事業者Fが所有する営業用動産設備(以下、「対象動産」)は含まれておりません。 現在、店舗不動産所有者との事後処理や後継テナントへの引継ぎ作業を進めており、3月末にはこれら作業の大部分が完了する予定です。 閉店したことによるコスト削減効果は年間3,000万円を見込んでおり、不要な資金流出を抑制することで、皆様への償還原資を確保いたします。 他県エリアの2店舗につきましては、前回ご報告のとおり、大手アミューズメント企業との事業譲渡に向けた協議を継続中です。 具体的な売却金額、売却予定日につきましては、前記の店舗閉店作業の終了後、4月初旬から本格的に協議に入ります。 この事業譲渡には対象動産の売却も含まれる見込みです。(2)に述べますリサイクル事業におけるスポンサー候補との兼ね合いもあり、 当該事業譲渡に向けた協議を急ぎ進めるよう、事業者F及び事業者Mから事業者MCに対して、引き続き強く要請しております。 残り1店舗につきましては、事業者Fが保有している対象動産を売却して回収することになります。 対象動産の評価査定を行った同業の事業者へ、対象動産の購入を打診しておりますが、現在のところ前記諸事情により進捗はございません。 (2)リサイクル事業におけるスポンサー候補企業との業務資本提携に向けた協議 リサイクル事業のスポンサー候補については、前回ご報告のとおり、事業者MCの既存取引先や大手企業など3社との協議を継続しています。 また、ゴルフ場やメガソーラーの発電施設を数か所で運営している事業会社が、ソーラーパネルの廃棄処分事業を共同で行いたく、 事業者MCの経営に興味を持ち、その協議に入っております。 いずれのスポンサー候補企業も、交渉を進めていく過程で、風営法許認可業種であるアミューズメント事業の随伴の可否が課題となっています。 従いまして、事業者MCとしては、アミューズメント事業の分離や上記(1)の事業譲渡を完了させてから、 再度検討協議することが適切であるとの結論に至っております。 なお、これらスポンサーとの業務資本提携や事業譲渡により得られる対価からの回収とともに、 使用する重機、車両及び商品在庫の換価も含めて回収を実施する計画に変更はありません。 (3)担保不動産の一部の早急な任意売却着手 事業者MCは北関東エリアに展開事業以外で不動産を2物件所有しております。 この不動産については売却活動を行い、返済原資に充当していく計画です。 その他の担保不動産の処分についても任意売却を検討しておりますが、 上記(2)の業務資本提携に影響を及ぼす可能性がある物件については、 一時的に売却活動を控える方針です。 2.今後の状況報告について 引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、 回収に努めてまいります。該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。 投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。 引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 2019年3月22日 匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease 匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    クラリ社員の給料こそが、資金の流出だと思いますがいかがでしょうか?(笑)

    とりあえず、馬鹿な電話番を解雇して下さい(笑)

    #815 返信 削除依頼

    匿名

    全部ムラタだったのか 

    本契約に定める営業者の表明及び保証が重大な点において真実に反することが判明した場合約解除できる
    とある
    ここらへんで攻められないか

    http://www.mrt-recycle.co.jp/

    #814 返信 削除依頼

    匿名
    >>811
    事業者DBと事業者TDと事業者TCのメールが同じ内容です。 (1)事業者Mが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者DBがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。 もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者DBは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出しました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TDがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TDは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TCがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TCは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。

    ひとつのグループ企業に貸していたと言うことですね

    #813 返信 削除依頼

    匿名
    >>811
    事業者DBと事業者TDと事業者TCのメールが同じ内容です。 (1)事業者Mが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者DBがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。 もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者DBは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出しました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TDがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TDは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TCがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TCは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。

    わーい、誠実!

    #812 返信 削除依頼

    ren
    >>811
    事業者DBと事業者TDと事業者TCのメールが同じ内容です。 (1)事業者Mが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者DBがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。 もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者DBは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出しました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TDがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TDは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TCがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TCは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。

    ふざけすぎ!
    訴訟しかないかな!!

    #811 返信 削除依頼

    匿名

    事業者DBと事業者TDと事業者TCのメールが同じ内容です。

    (1)事業者Mが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
    事業者DBがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。
    2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。
    もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。
    事業者DBは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、買取業者に見積もりを依頼しております。
    また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出しました。

    (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
    事業者TDがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。
    2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、
    1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。
    事業者TDは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、
    買取業者に見積もりを依頼しております。
    一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。

    (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
    事業者TCがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。
    2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、
    1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。
    事業者TCは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、
    買取業者に見積もりを依頼しております。
    また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。

    #810 返信 削除依頼

    匿名

    >>808
    確かに・・・・
    次の元号は「誠実」だそうです

    #809 返信 削除依頼

    匿名
    >>807
    要するに現状全く回収出来てないからもう少し黙って待ってろ!ってこと?

    お前らうざいから夢を見させてやるよ、ってこと。

    #808 返信 削除依頼

    匿名

    元号変わる前になんとかしろよ恥ずかしいぞ。

    #807 返信 削除依頼

    J

    要するに現状全く回収出来てないからもう少し黙って待ってろ!ってこと?

    #806 返信 削除依頼

    匿名

    張ってくれた方ありがとおうございます!!

    #805 返信 削除依頼

    匿名
    >>800
    そんなのはいちいち書かずにクラウドリースに電話でもしろよ。

    またおまえか

    #804 返信 削除依頼

    匿名

    相変わらずマネオファミリーの報告は報告になってない

    #803 返信 削除依頼

    匿名

    投資家の皆様へ

    株式会社Crowd Lease(以下、当社)より、2019年1月9日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、
    回収活動状況をご報告させていただきます。該当の投資家の皆様への続報となります。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3094

    1.回収活動状況について
    当社及び関連会社の事業者Mが、債務者である事業者DBに対して実行中の回収施策につきまして、状況をご報告いたします。

    (1)事業者Mが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
    事業者DBがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。
    2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。
    もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。
    事業者DBは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、買取業者に見積もりを依頼しております。
    また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出しました。

    (2)事業者DBの存続事業からの回収方針の再策定
    上記(1)のとおり営業店舗を2店舗に集約する事業再編を行う過程での対象動産の売却処分による返済の後は、
    残存店舗の事業収益から弁済を行う計画を事業者DBは提示しております。

    この段階で、事業者Mは、事業者DBの連帯保証人であり営業店舗の売上金からの粗利金入金・管理を行うLLP(有限責任事業組合)からの資金回収を行ってまいります。
    また、事業者Mは事業者DBの連帯保証人である同社代表者、グループ会社及び第三者(上記LLPを含む)に対し、
    2月15日付けで催告書を発送し、回収を図るべく対応中です。
    事業者DBは、2店舗に集約した後に収益構造を改善し、上記のLLPからの返済継続、または営業権付での店舗及び対象動産売却の二案を検討しておりますが、
    当社は早期回収の観点から、その具体的な計画について事業者Mを介して事業者DBに提示を要請しております。

    2.今後の状況報告について
    引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、
    当社は事業者Mと協力し、回収に努めてまいります。
    該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、
    引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #802 返信 削除依頼

    匿名

    投資家の皆様へ

    株式会社Crowd Lease(以下、当社)より、2019年1月9日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、
    回収活動状況をご報告させていただきます。該当の投資家の皆様への続報となります。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3085

    1.回収活動状況について

    当社及び関連会社の事業者Fが、債務者である事業者TDに対して実行中の回収施策につきまして、状況をご報告いたします。

    (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
    事業者TDがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。
    2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、
    1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。
    事業者TDは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、
    買取業者に見積もりを依頼しております。
    一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。
    いずれかの方法で事業者Fは第一弾の資金回収を図ります。

    (2)事業者TDの存続事業からの回収方針の再策定
    上記(1)のとおり営業店舗を2店舗に集約する事業再編を行う過程での対象動産の売却処分による返済の後は、
    残存店舗の事業収益から弁済を行う計画を事業者TDは提示しております。
    この段階で、事業者Fは、事業者TDの連帯保証人であり営業店舗の売上金からの粗利金入金・管理を行うLLP(有限責任事業組合)
    からの資金回収を行ってまいります。
    また、事業者Fは上記のLLP及び事業者TDの代表者及び取引先等の連帯保証人に対し、2月15日付けで催告書を発送し、回収を図るべく対応中です。
    事業者TDは、2店舗に集約した後に収益構造を改善し、上記のLLPからの返済継続、
    または営業権付での店舗及び対象動産売却の二案を検討しておりますが、当社は早期回収の観点から、
    その具体的な計画について事業者Fを介して事業者TDに提示を要請しております。

    2.今後の状況報告について
    引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、
    当社は事業者Fと協力し、回収に努めてまいります。
    該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #801 返信 削除依頼

    たなか

    まとめるとこんな感じらしいですね

    事業者C、無事新店舗開店して分配再開。

    事業者MC、パチ屋は進展なし。やっと不採算店舗の精算が終わって、4月から事業者譲渡へ。
    リサイクル事業はスポンサー先がメガソーラーの廃棄処分のSPCを立ち上げ予定。

    事業者DB、進展なし。不採算店舗を3店舗中2店舗閉鎖完了。まだまだ立て直し中。

    #800 返信 削除依頼

    匿名
    >>799
    連帯保証人からサクッととってこれないのはそれなりの理由があるんだろう。 例えば、一人の連帯保証人で、支払い能力を超えた融資を行っていたとか。 それなら、融資先を生き延びさせて細々と返済させるしかないわな。 同時にそれはクラウドリースの存在理由である、与信能力の低さと回収施策の杜撰さが公になったといっていい。 それにしてもなー。この期に及んで売り上げが二倍になります!!なんて主張されてもね。 どこの誰が信じるのかっていう話ですよ(笑) 幸せになる壺があるんだけど、買わないか?武谷さん(笑) 幸せが二倍になるぞ(笑)

    そんなのはいちいち書かずにクラウドリースに電話でもしろよ。

    #799 返信 削除依頼

    匿名

    連帯保証人からサクッととってこれないのはそれなりの理由があるんだろう。
    例えば、一人の連帯保証人で、支払い能力を超えた融資を行っていたとか。
    それなら、融資先を生き延びさせて細々と返済させるしかないわな。
    同時にそれはクラウドリースの存在理由である、与信能力の低さと回収施策の杜撰さが公になったといっていい。

    それにしてもなー。この期に及んで売り上げが二倍になります!!なんて主張されてもね。
    どこの誰が信じるのかっていう話ですよ(笑)

    幸せになる壺があるんだけど、買わないか?武谷さん(笑)
    幸せが二倍になるぞ(笑)

    #798 返信 削除依頼

    匿名

    投資家の皆様へ

    株式会社Crowd Lease(以下、当社)より、2019年1月9日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、
    回収活動状況をご報告させていただきます。該当の投資家の皆様への続報となります。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3089

    1.回収活動状況について
    当社及び関連会社の事業者Fが、債務者である事業者TCに対して実行中の回収施策につきまして、状況をご報告いたします。

    (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
    事業者TCがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。
    2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、
    1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。
    事業者TCは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、
    買取業者に見積もりを依頼しております。
    また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。
    いずれかの方法で事業者Fは第一弾の資金回収を図ります。

    (2)事業者TCの存続事業からの回収方針の再策定
    上記(1)のとおり営業店舗を2店舗に集約する事業再編を行う過程での対象動産の売却処分による返済の後は、
    残存店舗の事業収益から弁済を行う計画を事業者TCは提示しております。

    この段階で、事業者Fは、事業者TCの連帯保証人であり営業店舗の売上金からの粗利金入金・管理を行うLLP(有限責任事業組合)からの資金回収を行ってまいります。
    また、事業者Fは上記のLLP及び事業者TCの代表者及び取引先等の連帯保証人に対し、
    2月15日付けで催告書を発送し、回収を図るべく対応中です。
    事業者TCは、2店舗に集約した後に収益構造を改善し、上記のLLPからの返済継続、または営業権付での店舗及び対象動産売却の二案を検討しておりますが、
    当社は早期回収の観点から、その具体的な計画について事業者Fを介して事業者TCに提示を要請しております。

    2.今後の状況報告について
    引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、
    当社は事業者Fと協力し、回収に努めてまいります。
    該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #797 返信 削除依頼

    匿名

    >本事業の継承により、事業者Cは売上規模が現状のおよそ2倍に拡大することが見込まれ、

    爆笑した

    #796 返信 削除依頼

    匿名

    投資家の皆様へ

    株式会社CrowdLease(以下、当社)より、
    2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、回収活動状況をご報告させていただきます。該当の投資家の皆様への続報となります。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3095

    2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3110

    1.回収活動状況について
    当社、関連会社の事業者F及び関連会社の事業者Mが債務者である事業者MC対して実行中の回収施策につきまして、現状をご報告いたします。

    (1)アミューズメント事業における店舗売却に向けた購入希望者との交渉
    事業者MCが営業店舗として経営する4店舗のうち、低採算の1店舗は1月31日に閉店いたしました。
    なお、この店舗には事業者Fが所有する営業用動産設備(以下、「対象動産」)は含まれておりません。
    現在、店舗不動産所有者との事後処理や後継テナントへの引継ぎ作業を進めており、3月末にはこれら作業の大部分が完了する予定です。
    閉店したことによるコスト削減効果は年間3,000万円を見込んでおり、不要な資金流出を抑制することで、皆様への償還原資を確保いたします。
    他県エリアの2店舗につきましては、前回ご報告のとおり、大手アミューズメント企業との事業譲渡に向けた協議を継続中です。
    具体的な売却金額、売却予定日につきましては、前記の店舗閉店作業の終了後、4月初旬から本格的に協議に入ります。
    この事業譲渡には対象動産の売却も含まれる見込みです。(2)に述べますリサイクル事業におけるスポンサー候補との兼ね合いもあり、
    当該事業譲渡に向けた協議を急ぎ進めるよう、事業者F及び事業者Mから事業者MCに対して、引き続き強く要請しております。
    残り1店舗につきましては、事業者Fが保有している対象動産を売却して回収することになります。
    対象動産の評価査定を行った同業の事業者へ、対象動産の購入を打診しておりますが、現在のところ前記諸事情により進捗はございません。

    (2)リサイクル事業におけるスポンサー候補企業との業務資本提携に向けた協議
    リサイクル事業のスポンサー候補については、前回ご報告のとおり、事業者MCの既存取引先や大手企業など3社との協議を継続しています。
    また、ゴルフ場やメガソーラーの発電施設を数か所で運営している事業会社が、ソーラーパネルの廃棄処分事業を共同で行いたく、
    事業者MCの経営に興味を持ち、その協議に入っております。
    いずれのスポンサー候補企業も、交渉を進めていく過程で、風営法許認可業種であるアミューズメント事業の随伴の可否が課題となっています。
    従いまして、事業者MCとしては、アミューズメント事業の分離や上記(1)の事業譲渡を完了させてから、
    再度検討協議することが適切であるとの結論に至っております。
    なお、これらスポンサーとの業務資本提携や事業譲渡により得られる対価からの回収とともに、
    使用する重機、車両及び商品在庫の換価も含めて回収を実施する計画に変更はありません。

    (3)担保不動産の一部の早急な任意売却着手
    事業者MCは北関東エリアに展開事業以外で不動産を2物件所有しております。
    この不動産については売却活動を行い、返済原資に充当していく計画です。
    その他の担保不動産の処分についても任意売却を検討しておりますが、
    上記(2)の業務資本提携に影響を及ぼす可能性がある物件については、
    一時的に売却活動を控える方針です。

    2.今後の状況報告について
    引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、
    回収に努めてまいります。該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #795 返信 削除依頼

    匿名

    投資家の皆様へ

    株式会社CrowdLease(以下、当社)より、
    2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、回収活動状況をご報告させていただきます。該当の投資家の皆様への続報となります。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3095

    2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3110

    1.回収活動状況について
    当社、関連会社の事業者F及び関連会社の事業者Mが債務者である事業者MC対して実行中の回収施策につきまして、現状をご報告いたします。

    (1)アミューズメント事業における店舗売却に向けた購入希望者との交渉
    事業者MCが営業店舗として経営する4店舗のうち、低採算の1店舗は1月31日に閉店いたしました。
    なお、この店舗には事業者Fが所有する営業用動産設備(以下、「対象動産」)は含まれておりません。
    現在、店舗不動産所有者との事後処理や後継テナントへの引継ぎ作業を進めており、3月末にはこれら作業の大部分が完了する予定です。
    閉店したことによるコスト削減効果は年間3,000万円を見込んでおり、不要な資金流出を抑制することで、皆様への償還原資を確保いたします。
    他県エリアの2店舗につきましては、前回ご報告のとおり、大手アミューズメント企業との事業譲渡に向けた協議を継続中です。
    具体的な売却金額、売却予定日につきましては、前記の店舗閉店作業の終了後、4月初旬から本格的に協議に入ります。
    この事業譲渡には対象動産の売却も含まれる見込みです。(2)に述べますリサイクル事業におけるスポンサー候補との兼ね合いもあり、
    当該事業譲渡に向けた協議を急ぎ進めるよう、事業者F及び事業者Mから事業者MCに対して、引き続き強く要請しております。
    残り1店舗につきましては、事業者Fが保有している対象動産を売却して回収することになります。
    対象動産の評価査定を行った同業の事業者へ、対象動産の購入を打診しておりますが、現在のところ前記諸事情により進捗はございません。

    (2)リサイクル事業におけるスポンサー候補企業との業務資本提携に向けた協議
    リサイクル事業のスポンサー候補については、前回ご報告のとおり、事業者MCの既存取引先や大手企業など3社との協議を継続しています。
    また、ゴルフ場やメガソーラーの発電施設を数か所で運営している事業会社が、ソーラーパネルの廃棄処分事業を共同で行いたく、
    事業者MCの経営に興味を持ち、その協議に入っております。
    いずれのスポンサー候補企業も、交渉を進めていく過程で、風営法許認可業種であるアミューズメント事業の随伴の可否が課題となっています。
    従いまして、事業者MCとしては、アミューズメント事業の分離や上記(1)の事業譲渡を完了させてから、
    再度検討協議することが適切であるとの結論に至っております。
    なお、これらスポンサーとの業務資本提携や事業譲渡により得られる対価からの回収とともに、
    使用する重機、車両及び商品在庫の換価も含めて回収を実施する計画に変更はありません。

    (3)担保不動産の一部の早急な任意売却着手
    事業者MCは北関東エリアに展開事業以外で不動産を2物件所有しております。
    この不動産については売却活動を行い、返済原資に充当していく計画です。
    その他の担保不動産の処分についても任意売却を検討しておりますが、
    上記(2)の業務資本提携に影響を及ぼす可能性がある物件については、
    一時的に売却活動を控える方針です。

    2.今後の状況報告について
    引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、
    回収に努めてまいります。該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #794 返信 削除依頼

    匿名

    投資家の皆様へ

    株式会社Crowd Lease(以下、当社)より、2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、
    回収活動状況をご報告させていただきます。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3090

    2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3114

    1.回収活動状況について
    前回のご報告以降、3月5日に事業者Cの代表者、財務経理責任者と面談し、今後の見通しについて協議いたしました。

    (1)事業の継承による企業体力の強化について
    同業種のアミューズメント事業を経営しております事業者Cの代表者の縁戚から、営業店舗4店舗を会社分割により継承し、
    3月下旬を目途に事業者Cとして営業を開始する計画が進行中とのご報告をしておりましたが、3月16日より正式に事業者Cとして営業をスタートしました。
    本事業の継承により、事業者Cは売上規模が現状のおよそ2倍に拡大することが見込まれ、

    早ければ4月末より皆様への一部償還を開始することができる見通しで、具体的な金額等につきましては、4月初旬に事業者Cと打ち合わせを行い決定する予定です。
    併せて、事業者Cは売上規模の拡大に伴う営業基盤の強化による新たな金融機関からの調達に向けて交渉をしております。
    この金融機関からの調達については、現状においては確定的な情報としてお伝えできるものではございませんが、
    融資実行がされれば、追加の返済資金となることを見込んでおります。

    (2)事業者C主導による保有不動産の任意売却
    事業者Mが担保設定している事業者Cの不動産の一部につきまして、事業者Cの事業外の不動産2か所を優先して売却いたします。
    事業者Cは売却に向けて、対象地域での実績が豊富な不動産業者へ売却の仲介を依頼しました。
    今後の状況については逐次報告を受けることになります。

    (3)その他担保、保全策の実行
    当社は、maneoマーケット社から上記の進捗による資金回収とともに担保権の実行や連帯保証人への請求等による回収も行うよう要請を受けております。
    当社からも上記(1)及び(2)とあわせて実行を検討するよう事業者F及び事業者Mに対して要請しております。

    2.今後の状況報告について
    投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、回収に努めてまいります。
    該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #793 返信 削除依頼

    匿名

    投資家の皆様へ

    株式会社Crowd Lease(以下、当社)より、2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、
    回収活動状況をご報告させていただきます。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3090

    2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3114

    1.回収活動状況について
    前回のご報告以降、3月5日に事業者Cの代表者、財務経理責任者と面談し、今後の見通しについて協議いたしました。

    (1)事業の継承による企業体力の強化について
    同業種のアミューズメント事業を経営しております事業者Cの代表者の縁戚から、営業店舗4店舗を会社分割により継承し、
    3月下旬を目途に事業者Cとして営業を開始する計画が進行中とのご報告をしておりましたが、3月16日より正式に事業者Cとして営業をスタートしました。
    本事業の継承により、事業者Cは売上規模が現状のおよそ2倍に拡大することが見込まれ、

    早ければ4月末より皆様への一部償還を開始することができる見通しで、具体的な金額等につきましては、4月初旬に事業者Cと打ち合わせを行い決定する予定です。
    併せて、事業者Cは売上規模の拡大に伴う営業基盤の強化による新たな金融機関からの調達に向けて交渉をしております。
    この金融機関からの調達については、現状においては確定的な情報としてお伝えできるものではございませんが、
    融資実行がされれば、追加の返済資金となることを見込んでおります。

    (2)事業者C主導による保有不動産の任意売却
    事業者Mが担保設定している事業者Cの不動産の一部につきまして、事業者Cの事業外の不動産2か所を優先して売却いたします。
    事業者Cは売却に向けて、対象地域での実績が豊富な不動産業者へ売却の仲介を依頼しました。
    今後の状況については逐次報告を受けることになります。

    (3)その他担保、保全策の実行
    当社は、maneoマーケット社から上記の進捗による資金回収とともに担保権の実行や連帯保証人への請求等による回収も行うよう要請を受けております。
    当社からも上記(1)及び(2)とあわせて実行を検討するよう事業者F及び事業者Mに対して要請しております。

    2.今後の状況報告について
    投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、回収に努めてまいります。
    該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #792 返信 削除依頼

    匿名
    >>789
    本当にここの会社は酷いです、ついにメールまで来なくなりました。 本当に回収作業を行ってるのかまで疑わしく思えてきました。 私の場合、債権回収の最後のメールは3月8日のO社のものです。 次のメールは4月上旬になるそうです、どうもクラウドリースは月1回しか 進捗メールを行わない方針? 不安と猜疑心だけが高まる状況です。

    してると思ってたんですか?
    私はしていないと思いますよ。
    回収活動をしているのなら、連帯保証人から引っ張ればいいだけの話です。
    そういう案件はあったはずです。

    今時点ですら、回収できたという連絡がないという事は、連帯保証人をとっているにもかかわらず野放しにしているという事ですよね?
    つまりは、回収活動をしていないんです。

    粛々と準備をするだけです。
    マスコミへの通報も含めて。

    #791 返信 削除依頼

    匿名
    >>789
    本当にここの会社は酷いです、ついにメールまで来なくなりました。 本当に回収作業を行ってるのかまで疑わしく思えてきました。 私の場合、債権回収の最後のメールは3月8日のO社のものです。 次のメールは4月上旬になるそうです、どうもクラウドリースは月1回しか 進捗メールを行わない方針? 不安と猜疑心だけが高まる状況です。

    投資家達をナメてるんでしょうかね?
    だんだんと、憎しみの気持ちすら湧いてきます。
    性格が少しギスギスしてきたと家族に言われます。

    #790 返信 削除依頼

    匿名

    もうダメだ。早く集団訴訟しましょう!

    #789 返信 削除依頼

    本当にここの会社は酷いです、ついにメールまで来なくなりました。
    本当に回収作業を行ってるのかまで疑わしく思えてきました。

    私の場合、債権回収の最後のメールは3月8日のO社のものです。
    次のメールは4月上旬になるそうです、どうもクラウドリースは月1回しか
    進捗メールを行わない方針?
    不安と猜疑心だけが高まる状況です。

    #788 返信 削除依頼

    匿名

    12月を最後にブログが止まったままだ。
    もっと情報を発信してほしい。
    都合が悪くなると、投資家に対しそっぽを向くと思われるよ。

    #787 返信 削除依頼

    金融庁は悪の権化

    金融庁は悪の権化。マネマに業務改善命令出したことをきっかけに被害が爆発的に増えた。それからは知らんぷり。

    #786 返信 削除依頼

    匿名

    創価出身、創価除名…
    金と欲にまみれた詐欺師。

    #785 返信 削除依頼

    匿名
    >>784
    そうやで 俺は武谷は、やる奴や思ってる。 経営者として20年の実績、見せるの今やで 少なくともクズの瀧本より出来る男や思ってる。

    そやそや! マネオも、いきなり梯子を外すようなことしてエゲツないわ。
    武谷社長、頑張ってや!ピンチをチャンスに変える時や!

    #784 返信 削除依頼

    匿名
    >>783
    武谷社長、 きずをつけ給うべからず やで。

    そうやで
    俺は武谷は、やる奴や思ってる。
    経営者として20年の実績、見せるの今やで
    少なくともクズの瀧本より出来る男や思ってる。

    #783 返信 削除依頼

    匿名
    >>771
    ジャンジャンバリバリに金を稼いでるなら、融資先の匿名を公開できるでしょう?

    武谷社長、

    きずをつけ給うべからず

    やで。

    #782 返信 削除依頼

    匿名

    今や日本の信用よりも、中国のほうがよっぽど信頼できる、色んな面で。
    日本は
    もうダメ😢🆖⤵️
    ガッカリ🙍

    #781 返信 削除依頼

    匿名

    集めるだけ集めて、突然一斉に期失、一切の説明もしない。
    これが何故改善命令がないのか?
    ならば悪質業者は好き放題出来る。世の中おかしい。金融庁も悪の味方してる、この世の正義はどこにあるのか!
    もう何も信じられない!

    #780 返信 削除依頼

    匿名

    ここは終わったな。国が黒としたグリフラでも1,2陣で20億くらい。被害額で15%。クラリの遅延51億なら数人がやるかどうか。受ける弁護士だって簡単にはみつからない。マネマはこれだけ遅延あっても改善命令出たのはグリフラだけ。この家業の経営者は分かってる連中のみだから出口見えただろう。たたんでなんぼの商売。

    #779 返信 削除依頼

    匿名
    >>776
    maneoの12.8%の1~5ヶ月短期ファンド怖い。クラウドリースのものなんじゃない?保証一切なしだって。

    残念ですが違います…

    #778 返信 削除依頼

    匿名

    マネオが見限ったんだからマネオが責任とれ

    マネオの集まりの悪さ、瀧本ざまあみろ、朽ち果てろ

    #777 返信 削除依頼

    匿名

    どこかを救うための案件なら、救われる側はうれしいけどね。
    皆さんどうか救ってくださいな。

    #776 返信 削除依頼

    神奈川県

    maneoの12.8%の1~5ヶ月短期ファンド怖い。クラウドリースのものなんじゃない?保証一切なしだって。

    #775 返信 削除依頼

    食人離主
    >>774
    さすが、大不誠実wwwwメールすらよこさないかwwww生ごみがww

    心配するでない
    そろそろ延滞のメールが来るはずだ

    #774 返信 削除依頼

    匿名

    さすが、大不誠実wwwwメールすらよこさないかwwww生ごみがww

    #773 返信 削除依頼

    モス

    みさん亡くなったって嘘ですよね?

    #772 返信 削除依頼

    匿名

    このままダラダラやってるとクラリもガイアもCFFも提訴されるのは時間の問題だな・・アメファンもそのうち全案件期失だろう。

    #771 返信 削除依頼

    匿名
    >>744
    会社を整理するには時間がかかります。早くとおっしゃるなら、みんくれやラキバンのように債権譲渡してしまえば一気に片付きますが回収率が悲惨なことになり投資家だけが損をすることになります。今現在、赤字店舗を閉め利益がでている店舗で回収しているという情報はありますが、まだ倒産したという情報は1社もありません。できるだけ長く営業すれば年商5億とか10億なかには100億という会社もあります。毎日が現金商売、回収は可能だと考えています。半年でなんとか返済の目途がつき、1年で回収という流れじゃないでしょうか。分割払いを申し出ている中国地方の会社や不動産の任意売却をしている茨城の会社ではもう少しかかるかもしれませんね。焦って回収を急げば必ず損をします。毎日ジャンジャンバリバリにお金を稼いでいるのだから。

    ジャンジャンバリバリに金を稼いでるなら、融資先の匿名を公開できるでしょう?

    #770 返信 削除依頼

    匿名

    信じられない、メールすら来なくなった。

    #769 返信 削除依頼

    匿名

    他の所で見たのですが みさんは亡くなったようです
    お気の毒です…

    #768 返信 削除依頼

    匿名
    >>766
    はたしてそうでしょうか。 募集の段階で、保全措置として約束手形を徴収すると説明している案件が複数ありますが、その際にmaneoマーケットは以下のように説明しています。 ----------------------------------------------------------- 《保全について》 ・約束手形徴収 事業を継続する場合、約束手形の決済は必須である(支払いにおいて高い強制力がある)ため、投資家の皆様への配当原資の確保に関しては優先度が高いものとなっております。 今回の融資にあたり、上記の3~12ヵ月の返済日を期日とする振り出し手形を受領致します。 ------------------------------------------------------------ 注目するべき点は、maneoマーケット自身が募集に際して、『事業を継続する場合、約束手形の決済は必須である』と説明していることです。 新たな資金調達手段を絶たれ、不渡りを出した企業が事業を継続していけるとは到底考えらないのではないでしょうか。 私は、時間がたてばたつほど、回収の機会を逃すことになると思いますが、744さん(通りすがりさん)が営業が継続可能と考えられている理由は何でしょうか。

    武谷さん、この件について説明して下さい。

    #767 返信 削除依頼

    匿名

    全然報告ないね。回収活動なにもやってないのかもしれん。もうやる気ないみたいだな。被弾額10万と少額なのでもうどうでもよくなってるけど

    #766 返信 削除依頼

    匿名
    >>744
    会社を整理するには時間がかかります。早くとおっしゃるなら、みんくれやラキバンのように債権譲渡してしまえば一気に片付きますが回収率が悲惨なことになり投資家だけが損をすることになります。今現在、赤字店舗を閉め利益がでている店舗で回収しているという情報はありますが、まだ倒産したという情報は1社もありません。できるだけ長く営業すれば年商5億とか10億なかには100億という会社もあります。毎日が現金商売、回収は可能だと考えています。半年でなんとか返済の目途がつき、1年で回収という流れじゃないでしょうか。分割払いを申し出ている中国地方の会社や不動産の任意売却をしている茨城の会社ではもう少しかかるかもしれませんね。焦って回収を急げば必ず損をします。毎日ジャンジャンバリバリにお金を稼いでいるのだから。

    はたしてそうでしょうか。

    募集の段階で、保全措置として約束手形を徴収すると説明している案件が複数ありますが、その際にmaneoマーケットは以下のように説明しています。

    ———————————————————–
    《保全について》
    ・約束手形徴収
    事業を継続する場合、約束手形の決済は必須である(支払いにおいて高い強制力がある)ため、投資家の皆様への配当原資の確保に関しては優先度が高いものとなっております。
    今回の融資にあたり、上記の3~12ヵ月の返済日を期日とする振り出し手形を受領致します。
    ————————————————————

    注目するべき点は、maneoマーケット自身が募集に際して、『事業を継続する場合、約束手形の決済は必須である』と説明していることです。

    新たな資金調達手段を絶たれ、不渡りを出した企業が事業を継続していけるとは到底考えらないのではないでしょうか。

    私は、時間がたてばたつほど、回収の機会を逃すことになると思いますが、744さん(通りすがりさん)が営業が継続可能と考えられている理由は何でしょうか。

    #765 返信 削除依頼

    yuki
    >>744
    会社を整理するには時間がかかります。早くとおっしゃるなら、みんくれやラキバンのように債権譲渡してしまえば一気に片付きますが回収率が悲惨なことになり投資家だけが損をすることになります。今現在、赤字店舗を閉め利益がでている店舗で回収しているという情報はありますが、まだ倒産したという情報は1社もありません。できるだけ長く営業すれば年商5億とか10億なかには100億という会社もあります。毎日が現金商売、回収は可能だと考えています。半年でなんとか返済の目途がつき、1年で回収という流れじゃないでしょうか。分割払いを申し出ている中国地方の会社や不動産の任意売却をしている茨城の会社ではもう少しかかるかもしれませんね。焦って回収を急げば必ず損をします。毎日ジャンジャンバリバリにお金を稼いでいるのだから。

    貴方の書き込みにすがるような気持ちです。
    そうでありますように。

    #765 返信 削除依頼

    匿名

    大金をなくされた方もいるでしょうに。 本当にお気の毒でございます
    おかわいそうに。

    #764 返信 削除依頼

    匿名

    最近、み、の情報 が入ってませんが誰か知りませんか

    #763 返信 削除依頼

    匿名

    ここで吠えても何も変わらず。動いたらどうですか?もう2ヶ月半ですよ。温い客だと見切ってますよきっと。

    #762 返信 削除依頼

    匿名

    クラリも早く、集団訴訟してくれ!!

    契約書に「リファイナンス」OKなんて書いていないよ!!

    違反で契約解除の理由になると思いませんか?

    #761 返信 削除依頼

    匿名

    匿名化解除は、今後の訴訟にも良いニュースだ!!

    早く、全力回収しろよ!!

    #760 返信 削除依頼

    匿名

    匿名化解除で、回収に有利に働けばよいのだが!

    早く、連帯保証人から回収しろ!!

    #759 返信 削除依頼

    匿名
    >>744
    会社を整理するには時間がかかります。早くとおっしゃるなら、みんくれやラキバンのように債権譲渡してしまえば一気に片付きますが回収率が悲惨なことになり投資家だけが損をすることになります。今現在、赤字店舗を閉め利益がでている店舗で回収しているという情報はありますが、まだ倒産したという情報は1社もありません。できるだけ長く営業すれば年商5億とか10億なかには100億という会社もあります。毎日が現金商売、回収は可能だと考えています。半年でなんとか返済の目途がつき、1年で回収という流れじゃないでしょうか。分割払いを申し出ている中国地方の会社や不動産の任意売却をしている茨城の会社ではもう少しかかるかもしれませんね。焦って回収を急げば必ず損をします。毎日ジャンジャンバリバリにお金を稼いでいるのだから。

    連帯保証人がついている案件があるのだから、それは連帯保証人から100%、、迅速に、とってこれるはずでしょう?

    それをしない時点で終わってますよ。

    #758 返信 削除依頼

    匿名

    許されるなら証拠保全で乗り込みたいですね。
    どんな調査してどんな企業に貸してたのか調べたいわ。

    #757 返信 削除依頼

    匿名

    でも、このままじゃ誰か乗り込みかねないよね

    #756 返信 削除依頼

    匿名

    会社行かれた方います?多分いないのではないでしょうか。そういう書き込み見たことないです。

    #755 返信 削除依頼

    匿名

    全然状況報告ねーな
    乗り込むか

    #754 返信 削除依頼

    匿名
    >>744
    会社を整理するには時間がかかります。早くとおっしゃるなら、みんくれやラキバンのように債権譲渡してしまえば一気に片付きますが回収率が悲惨なことになり投資家だけが損をすることになります。今現在、赤字店舗を閉め利益がでている店舗で回収しているという情報はありますが、まだ倒産したという情報は1社もありません。できるだけ長く営業すれば年商5億とか10億なかには100億という会社もあります。毎日が現金商売、回収は可能だと考えています。半年でなんとか返済の目途がつき、1年で回収という流れじゃないでしょうか。分割払いを申し出ている中国地方の会社や不動産の任意売却をしている茨城の会社ではもう少しかかるかもしれませんね。焦って回収を急げば必ず損をします。毎日ジャンジャンバリバリにお金を稼いでいるのだから。

    クラリの方? もしそうならば、回収が上手くいってないような悪い経過報告ほど、早く投資家たちにするべきでしょう。

    #753 返信 削除依頼

    匿名
    >>752
    744さんがおっしゃるように、回収作業に時間がかかることは理解できます。そのとおりなんでしょう。 でもそれなら、なおさらリファイナンスをくり返して、出口を先送りにすべきじゃなかったんでしょうか。 私は素人なので、考え方が間違っていたら謝ります。

    投資家無視の瀧本の自己保身でリファイナンス出来なくなった

    #752 返信 削除依頼

    匿名

    744さんがおっしゃるように、回収作業に時間がかかることは理解できます。そのとおりなんでしょう。
    でもそれなら、なおさらリファイナンスをくり返して、出口を先送りにすべきじゃなかったんでしょうか。
    私は素人なので、考え方が間違っていたら謝ります。

    #751 返信 削除依頼

    匿名
    >>744
    会社を整理するには時間がかかります。早くとおっしゃるなら、みんくれやラキバンのように債権譲渡してしまえば一気に片付きますが回収率が悲惨なことになり投資家だけが損をすることになります。今現在、赤字店舗を閉め利益がでている店舗で回収しているという情報はありますが、まだ倒産したという情報は1社もありません。できるだけ長く営業すれば年商5億とか10億なかには100億という会社もあります。毎日が現金商売、回収は可能だと考えています。半年でなんとか返済の目途がつき、1年で回収という流れじゃないでしょうか。分割払いを申し出ている中国地方の会社や不動産の任意売却をしている茨城の会社ではもう少しかかるかもしれませんね。焦って回収を急げば必ず損をします。毎日ジャンジャンバリバリにお金を稼いでいるのだから。

    んー。その回収出来るか否か判断材料を明確にする為に匿名解除をすると思うがね。

    あなたの意見はあくまで「回収できそう」との話で、ただの想像でしかありません。
    となると、匿名解除しないのは何か理由があると投資家が考えるのは至極当然な判断だと思いますが?

    匿名解除しない=黒、となるのは当然でしょう。

    #750 返信 削除依頼

    匿名

    皆さん、ちゃんと問い合わせするなり何か行動に移してます?
    我々投資家が諦めて、無反応になってしまうのがクラリ側の狙いですよ。
    1,000万やられた方もいるんでしょう?何故皆大人しくしているのかが不思議です。
    被害者の会とか無いんですかね?
    集団訴訟したいです。

    #749 返信 削除依頼

    匿名
    >>744
    会社を整理するには時間がかかります。早くとおっしゃるなら、みんくれやラキバンのように債権譲渡してしまえば一気に片付きますが回収率が悲惨なことになり投資家だけが損をすることになります。今現在、赤字店舗を閉め利益がでている店舗で回収しているという情報はありますが、まだ倒産したという情報は1社もありません。できるだけ長く営業すれば年商5億とか10億なかには100億という会社もあります。毎日が現金商売、回収は可能だと考えています。半年でなんとか返済の目途がつき、1年で回収という流れじゃないでしょうか。分割払いを申し出ている中国地方の会社や不動産の任意売却をしている茨城の会社ではもう少しかかるかもしれませんね。焦って回収を急げば必ず損をします。毎日ジャンジャンバリバリにお金を稼いでいるのだから。

    クラリの関係者?

    #748 返信 削除依頼

    匿名
    >>744
    会社を整理するには時間がかかります。早くとおっしゃるなら、みんくれやラキバンのように債権譲渡してしまえば一気に片付きますが回収率が悲惨なことになり投資家だけが損をすることになります。今現在、赤字店舗を閉め利益がでている店舗で回収しているという情報はありますが、まだ倒産したという情報は1社もありません。できるだけ長く営業すれば年商5億とか10億なかには100億という会社もあります。毎日が現金商売、回収は可能だと考えています。半年でなんとか返済の目途がつき、1年で回収という流れじゃないでしょうか。分割払いを申し出ている中国地方の会社や不動産の任意売却をしている茨城の会社ではもう少しかかるかもしれませんね。焦って回収を急げば必ず損をします。毎日ジャンジャンバリバリにお金を稼いでいるのだから。

    社員乙

    匿名解除が出たのだからまずは資金の流れ(どこに資金を流したのか)を追うべき
    ここで違う所に流れていたら詐欺でアウト
    流れた先を答えれないとなったら高い確率で黒
    金融庁が解除を許したのになぜ開示しない?
    流した先を保護するため、と答えるなら投資家を軽視している
    投資家は機損していて実害が発生しているのに放置

    開示をしなければ返済能力があるかどうか投資家(もしくは弁護士)がチェックできない
    ほぼ全件期失させてクラリの調査能力は信用できないので、どこに投資したか明示すべき

    できないなら、自腹切って投資家に金かえせ

    #747 返信 削除依頼

    匿名

    匿名性の解除がない限りこんなとこに投資してはいけない、何も調べずに『期失、貸し倒れゼロ』を見ただけで投資した結果じゃないか。

    #746 返信 削除依頼

    匿名
    >>744
    会社を整理するには時間がかかります。早くとおっしゃるなら、みんくれやラキバンのように債権譲渡してしまえば一気に片付きますが回収率が悲惨なことになり投資家だけが損をすることになります。今現在、赤字店舗を閉め利益がでている店舗で回収しているという情報はありますが、まだ倒産したという情報は1社もありません。できるだけ長く営業すれば年商5億とか10億なかには100億という会社もあります。毎日が現金商売、回収は可能だと考えています。半年でなんとか返済の目途がつき、1年で回収という流れじゃないでしょうか。分割払いを申し出ている中国地方の会社や不動産の任意売却をしている茨城の会社ではもう少しかかるかもしれませんね。焦って回収を急げば必ず損をします。毎日ジャンジャンバリバリにお金を稼いでいるのだから。

    そうであってほしいわ

    #745 返信 削除依頼

    匿名

    それならそうと情報を出さないから訴訟するしかない、みたいなことになる。
    報告が無くとも大丈夫だろう、なんて信用はこのファミリーにもはや無い。

    #744 返信 削除依頼

    通りすがり

    会社を整理するには時間がかかります。早くとおっしゃるなら、みんくれやラキバンのように債権譲渡してしまえば一気に片付きますが回収率が悲惨なことになり投資家だけが損をすることになります。今現在、赤字店舗を閉め利益がでている店舗で回収しているという情報はありますが、まだ倒産したという情報は1社もありません。できるだけ長く営業すれば年商5億とか10億なかには100億という会社もあります。毎日が現金商売、回収は可能だと考えています。半年でなんとか返済の目途がつき、1年で回収という流れじゃないでしょうか。分割払いを申し出ている中国地方の会社や不動産の任意売却をしている茨城の会社ではもう少しかかるかもしれませんね。焦って回収を急げば必ず損をします。毎日ジャンジャンバリバリにお金を稼いでいるのだから。

    #743 返信 削除依頼

    to

    ようするにラキバンやみんくれみたいに詐欺が可能だと分かったから、
    2匹目のドジョウを狙おうとして一斉期失、しかしそのスキームがバレてて
    完全犯罪かと思いきや金融庁から「待った」が掛かった。

    詐欺計画の変更が必要になったわけだが、ここからは丁寧なお言葉(メール)でいかに炎上の度合いを
    小さくするかに注力しているところ。
    最近進捗のメールが少ないのは一斉期失時の炎上に比べれば落ち着いてきたと思ってるからだろう、
    トーンダウンしたところに更なる期失や、何の成果も無い回収頑張ってますメールを小出しにして
    徐々に諦めてもらおうという姑息な作戦と思われる。

    この国は詐欺に優しすぎる、学校の勉強は無意味、国家がこんなに詐欺を認めてるのだからみんな詐欺の
    勉強をしたほうが良い、このスレの業者ではないがトラストレンディングは元官僚の再就職先が詐欺の片棒
    を担ぐ事だった、こんなやつらが既得権益で国家による分配で潤っていくのがこの国の仕組み。

    マネマは詐欺の伝道師としてその手法を今教授してるところなのだろう。

    #742 返信 削除依頼

    匿名
    >>740
    匿名化の解除は、本当ですか? どこに掲載されていますか?

    匿名性 解除 金融庁

    検索してみる よろし

100件の投稿を表示中 - 1 - 100件目 (全840件中)
返信先 >> [653] (クラウドリース 掲示板3)


削除依頼フォームへ進みますか?