クラウドリース 掲示板3

フォーラム クラウドリース 掲示板3

このトピックには902件の返信が含まれ、2人の参加者がいます。2019年3月25日 at 00:30 匿名 さんが最後の更新を行いました。

100件の投稿を表示中 - 1 - 100件目 (全903件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #903 返信 削除依頼

    匿名
    >>899
    グリフラもそうだけど感情論ばっかで法律的な観点での話がないんだよね グリフラは目的外利用発覚してるけど こっちは融資先の企業がデフォルトしたが対応が不誠実だからってだけで それで弁護士が動いてくれるとは到底思えない 是非無料相談にでも行って見込みがあるかどうか聞いてきてほしい

    >こっちは融資先の企業がデフォルトしたが対応が不誠実だからってだけで

    リファイナンス基準が上がったことを投資家に秘匿していた点を隠すのはなぜですか?

    >>901
    ん、たのしみにしててください

    #902 返信 削除依頼

    匿名
    >>900
    クラリに関しては、リファイナンスが出来ていれば問題なく今もやっていたわけで、自転車だったとはいえマネマが新基準とやらを今後の新しい貸付先からやればこんなクラッシュせずに済んだのでは? ここに関しては、不正というよりかはリファイナンス前提のシステムを止めたからコケただけでクラリよりマネマの対応がいけなかったように思います。

    おいおい貸付先引っ張ってくるのはクラリだぞ。組み立ても知らないのか。

    #901 返信 削除依頼

    匿名
    >>899
    グリフラもそうだけど感情論ばっかで法律的な観点での話がないんだよね グリフラは目的外利用発覚してるけど こっちは融資先の企業がデフォルトしたが対応が不誠実だからってだけで それで弁護士が動いてくれるとは到底思えない 是非無料相談にでも行って見込みがあるかどうか聞いてきてほしい

    どの立場で書いてるのかな?自分で動けよ。期失が始まった頃熱い人が何人かいてなぜフェイドアウトしていったか分かるか?無理だろな。

    #900 返信 削除依頼

    匿名

    クラリに関しては、リファイナンスが出来ていれば問題なく今もやっていたわけで、自転車だったとはいえマネマが新基準とやらを今後の新しい貸付先からやればこんなクラッシュせずに済んだのでは?
    ここに関しては、不正というよりかはリファイナンス前提のシステムを止めたからコケただけでクラリよりマネマの対応がいけなかったように思います。

    #899 返信 削除依頼

    匿名

    グリフラもそうだけど感情論ばっかで法律的な観点での話がないんだよね
    グリフラは目的外利用発覚してるけど
    こっちは融資先の企業がデフォルトしたが対応が不誠実だからってだけで
    それで弁護士が動いてくれるとは到底思えない
    是非無料相談にでも行って見込みがあるかどうか聞いてきてほしい

    #898 返信 削除依頼

    匿名

    >>882 さんの書き込みが詳しくわかりやすいのですが、それに対しては反論がないようで。

    悪いのは投資家自己責任、訴えるな、損失補填はできない、クラリマネマは悪くない
    そう主張するのはおかしいですよね。
    >>886さんに賛成かな。

    ほんと、マネオファミリーは不誠実過ぎ

    #897 返信 削除依頼

    匿名
    >>896
    諦めさせようなどしなくてもあなたには何も出来ません。ここで同調性バイアス求めている人たちみな同じです。損失を取り返そうとして傷を深くするって聞いたことないですか。何人も書いてますがなぜ弁護士が付かないかまだ分かりませんか?

    弁護士がつかないのは損失が確定していないから待ってるだけであって、損失が確定したら普通に受けてくれる弁護士はいますよ。既に訴えられているところもトラレンみたいなところは除いて、損失確定してから動いているでしょう。どうせ訴えられます。

    #896 返信 削除依頼

    匿名
    >>894
    すかして書いてる奴なんなんだ? そんなこと書いて諦めてくれるとでも思ってんのか?

    諦めさせようなどしなくてもあなたには何も出来ません。ここで同調性バイアス求めている人たちみな同じです。損失を取り返そうとして傷を深くするって聞いたことないですか。何人も書いてますがなぜ弁護士が付かないかまだ分かりませんか?

    #895 返信 削除依頼

    匿名

    ここに

    #894 返信 削除依頼

    匿名

    すかして書いてる奴なんなんだ?
    そんなこと書いて諦めてくれるとでも思ってんのか?

    #893 返信 削除依頼

    匿名

    SL業者なんてさっさと訴えた方が良いよ
    金だしてくれた人間の事なんてこれっぽっちも考えてないんだから

    #892 返信 削除依頼

    匿名

    訴訟提起準備の方達 応接してるので頑張って下さい!私は数十万程度で少額被弾なんで 費用対効果あわないので見守りますが2.300万以上位の人はやった方がイイし 後で後悔してもしょうがない。
    どちらにしてもグリフラ等動いてるので 同じマネオ F社会問題化させてあげて しっかり社会的制裁・刑事、民事しっかり可能な制裁してあげよう!
    待ってろクラリ!マネオ!武谷!瀧本!!

    #891 返信 削除依頼

    匿名
    >>879
    金融庁の指導によるものです。

    金融庁に責任を被せて、被害をだした事業者責任を免れるとでも?

    #890 返信 削除依頼

    匿名
    >>889
    投資家へ損失補填なんて誰も言ってないでしょ

    自己資金での貸付は損失補填を疑われる

    #889 返信 削除依頼

    匿名
    >>885
    投資家への損失補填は違法です

    投資家へ損失補填なんて誰も言ってないでしょ

    #888 返信 削除依頼

    匿名
    >>884
    起きていることを冷静に考えてみましょう。たくさんの貸付先が同時に遅延して、金融庁やら関係各所にどれだけ電話したってマネオは未だに募集続けています。説明会の一つもない。弁護士に相談しても集団訴訟どころか個人でも合理性考えたらやめた方がいいと言われる。リファイナンスがどうとかそんなこと関係ないんです。現実を受け入れて,2度とうまい話に騙されないようにすることが答えです。

    高い勉強代になってしまいました。

    #887 返信 削除依頼

    匿名
    >>886
    こんな状態でも、この掲示板で何とか訴えるのを阻止しようとしてるのは、明らかにクラリ関係者でしょう。 だって、大金が返ってこないんですよ?普通の感覚でいえば、何とかしようと思うはずなのに、「今後の投資家保護はされたのだから良しとしましょう」って不自然すぎる。

    目的以外使用があれば詐欺なので訴訟提起が可能ですよ

    #886 返信 削除依頼

    匿名

    こんな状態でも、この掲示板で何とか訴えるのを阻止しようとしてるのは、明らかにクラリ関係者でしょう。

    だって、大金が返ってこないんですよ?普通の感覚でいえば、何とかしようと思うはずなのに、「今後の投資家保護はされたのだから良しとしましょう」って不自然すぎる。

    #885 返信 削除依頼

    匿名

    投資家への損失補填は違法です

    #884 返信 削除依頼

    匿名
    >>873
    >>870 そうなんですよね。 疑わしいことはたくさんありますが、実際にmaneoマーケットやクラウドリースの違法性を立証するのは難しいと思います。 かといって、maneoマーケット、クラウドリースの様子を見るかぎり、本気で回収活動をしているとは思えず、今後も期待できない状況だと思います。 投資家の皆さんにとって、一刻も早く元利金の全額を取り戻したいという思いは一致していると思いますが、現状投資家がとるべきベストな方法は何だと考えれれていますか?

    起きていることを冷静に考えてみましょう。たくさんの貸付先が同時に遅延して、金融庁やら関係各所にどれだけ電話したってマネオは未だに募集続けています。説明会の一つもない。弁護士に相談しても集団訴訟どころか個人でも合理性考えたらやめた方がいいと言われる。リファイナンスがどうとかそんなこと関係ないんです。現実を受け入れて,2度とうまい話に騙されないようにすることが答えです。

    #883 返信 削除依頼

    匿名
    >>881
    リファイナンスするって書かれていたって できなかったらリファイナンスできないじゃんか虚偽記載だって言うんだろ そう言う奴は書いてあろうがなかろうがどっちにしろ文句言う

    投資家に説明すべきリスクの説明が正しく行われていたのかが問題
    リファイナンスを前提とした案件かどうかは、投資家の投資判断にとって重要な情報

    #882 返信 削除依頼

    匿名

    金融庁の業務改善命令の内容は以下のとおり。

    ———————————
    ○ 業務改善命令
    (1) 今般の法令違反及び投資者保護上問題のある業務運営について、責任の所在を明確にするとともに、発生原因を究明し、改善対応策を策定実行すること。
    (2) 金融商品取引業者として必要な営業者の選定・管理に関する業務運営態勢等を再構築すること。
    (3) 本件行政処分の内容及び改善対応策について、全ての顧客を対象に、適切な説明を実施し、説明結果を報告すること。
    (4) 顧客からの問い合わせ等に対して、誠実かつ適切に対応するとともに、投資者間の公平性に配慮しつつ、投資者保護に万全の措置を講ずること。
    (5) 上記(1)から(4)までの対応について、平成30年8月13日までに、進捗状況及び対応結果について報告すること。
    ———————————-

    ・金融庁は既存の投資家の利益を棄損してよいとは言っておらず、金融庁が既存の投資家の利益を棄損する行為を求めているとは考えられない。
    ・金融庁は、「今般の法令違反及び投資者保護上問題のある業務運営について、責任の所在を明確にするとともに、発生原因を究明し、改善対応策を策定実行すること。」と言っており、あくまで投資者保護上問題のある業務運営を改善することを求めている。
    ・maneoマーケット、クラウドリースからの延滞発生の報告によると、その理由として「この数か月間の資金調達環境の影響もあり、最終資金需要者の資金ニーズに即応できるだけのファンド募集がしがたい状況となって参りました」と説明している。
    ・つまり、最終資金需要者側が融資条件を満たしていたいために案件募集が出来ず延滞が発生した訳ではなく、maneoマーケット及びクラウドリースが、金融庁に指摘された「投資者保護上問題のある業務運営」を速やかに改善することができず、結果として新たな案件募集が出来ずに延滞が発生した可能性が大きい。
    ・CFFを参考にすると、子会社への貸付が問題視されている可能性が大きく、クラウドリースはこの点を現時点でも改善できていないために、今日に至っても新たな案件の募集ができないでいるのだろうと推測される。
    ・金融庁は、「投資者間の公平性に配慮しつつ、投資者保護に万全の措置を講ずること。」を求めており、今回のmaneoマーケット、クラウドリースの対応は、既存の投資家の利益を棄損しておりこれに反する。
    ・maneoマーケット、クラウドリースのやっていることは、金融庁が意図した業務改善命令の内容と著しくそぐわない。
    ・今回の件は、maneoマーケット、クラウドリースの「投資者保護上問題のある業務運営」が問題視されている訳であり、既存の投資家、最終資金需要者には責任がない。
    ・本来であれば、maneoマーケット、クラウドリースは、既存の投資家、将来の投資家の保護に資するため、早急に「投資者保護上問題のある業務運営」を改め、運用中のファンドに影響がないよう配慮する義務があった。
    ・仮に、「投資者保護上問題のある業務運営」の改善に時間を要する場合でも、その間、maneoマーケットやクラウドリースの自己資金等を原資として貸付を行うなどの経過措置を講ずるなどして投資家保護に努めるべきであった。

    #881 返信 削除依頼

    匿名

    リファイナンスするって書かれていたって
    できなかったらリファイナンスできないじゃんか虚偽記載だって言うんだろ
    そう言う奴は書いてあろうがなかろうがどっちにしろ文句言う

    #880 返信 削除依頼

    匿名

    基準を厳しくしたことにより、それ以後の投資家の保護が確保されました。

    #879 返信 削除依頼

    匿名

    金融庁の指導によるものです。

    #878 返信 削除依頼

    匿名
    >>875
    リファイナンスするって書かれていなかったとしても別に問題ないと思います。 少なくとも契約書には返済できなくなった場合どうなるというリスクの説明がされているはずですし、それに投資家は同意したわけです。

    内部のリファイナンス基準が上がったという情報は投資家に知らされていませんでした。
    ここもそうですが、他の会社においても基準が上がったことによる一斉期失、という流れは正しいでしょう。

    我々投資家は同意をしました、しかしその情報開示は不十分でした。
    会社が情報開示不十分のリスク説明はしていません

    #877 返信 削除依頼

    匿名
    >>873
    >>870 そうなんですよね。 疑わしいことはたくさんありますが、実際にmaneoマーケットやクラウドリースの違法性を立証するのは難しいと思います。 かといって、maneoマーケット、クラウドリースの様子を見るかぎり、本気で回収活動をしているとは思えず、今後も期待できない状況だと思います。 投資家の皆さんにとって、一刻も早く元利金の全額を取り戻したいという思いは一致していると思いますが、現状投資家がとるべきベストな方法は何だと考えれれていますか?

    座禅を組み 静かに瞑想することです
    雑念を取り除くのです。
    今のあなたには。それが必要です。

    #876 返信 削除依頼

    匿名

    リファイナンスって何ですか?

    #875 返信 削除依頼

    匿名
    >>872
    私には同じこととは思えませんが。 FRBが政策金利を見直す可能性があることは、米国債に投資をする時点で織り込み済みのことですよね。 今回の件は、リファイナンス前提の案件であることが一切説明されていなかったのですよ。

    リファイナンスするって書かれていなかったとしても別に問題ないと思います。
    少なくとも契約書には返済できなくなった場合どうなるというリスクの説明がされているはずですし、それに投資家は同意したわけです。

    #874 返信 削除依頼

    匿名

    金融引き締めとなれば都内の不動産価格は下がります。損失が出ますが、これを詐欺と騒ぎ立てる人はいません。それと同じです。

    #873 返信 削除依頼

    匿名
    >>867
    おっしゃるとおりだと思います。100%そう思いますよね。でもそれをどう証明できますか?相手は不利な資料なんて一切出さないですよ。だから詐欺相手の裁判はほぼ無駄。弁護士はみんな知ってる。

    >>870

    そうなんですよね。
    疑わしいことはたくさんありますが、実際にmaneoマーケットやクラウドリースの違法性を立証するのは難しいと思います。

    かといって、maneoマーケット、クラウドリースの様子を見るかぎり、本気で回収活動をしているとは思えず、今後も期待できない状況だと思います。

    投資家の皆さんにとって、一刻も早く元利金の全額を取り戻したいという思いは一致していると思いますが、現状投資家がとるべきベストな方法は何だと考えれれていますか?

    #872 返信 削除依頼

    匿名
    >>869
    米国債に投資していて、frbが政策金利を利上げすれば債券価格は下がりますし、利下げすれば債券価格は上がります。 リファイナンスも同じこと。

    私には同じこととは思えませんが。

    FRBが政策金利を見直す可能性があることは、米国債に投資をする時点で織り込み済みのことですよね。
    今回の件は、リファイナンス前提の案件であることが一切説明されていなかったのですよ。

    #871 返信 削除依頼

    匿名
    >>867
    おっしゃるとおりだと思います。100%そう思いますよね。でもそれをどう証明できますか?相手は不利な資料なんて一切出さないですよ。だから詐欺相手の裁判はほぼ無駄。弁護士はみんな知ってる。

    >厳しくなった基準をクリアできるように事業計画の見直し等行えばリファイナンスできたはずです。
    それをやらなかったのだから借り手側に落ち度があります。
    企業が努力をしないでも金を貸すべきという論調には賛同しかねます。

    確かに、努力しない企業に金を貸すべきではないというのはそのとおりですね。

    ただ、問題は今回の延滞の原因が借り手(最終資金需要者)側にあるのかクラウドリース側にあるのかがはっきりしていないことだと思います。

    借り手(最終資金需要者)側が基準をクリアできなかったと仮定する場合、maneoマーケット及びクラウドリースが借り手(最終資金需要者)側に対して基準の見直しをいつ通知したのかということも問題になると思います。借り手(最終資金需要者)側が基準の見直しに対応できるだけの期間をもって通知したのか。
    本来であれば、移行期間や猶予期間を設けるなど経過措置を講じることで、各方面への不利益が生ずるのを防ぐべきであったのではないでしょうか。
    これだけ一斉に延滞が発生した状況を考えると、借り手(最終資金需要者)側と事前に十分な期間を設けて調整や話し合いを行っている可能性は少ないと思います。

    もう一つ考えられるのは、クラウドリース側の事業によりファンドの募集が出来なくなった可能性です。
    CFFを参考にすると、maneoマーケットは子会社への貸付を問題視している節があります。クラウドリースの場合も、この子会社への貸付である点が問題視されファンドの募集が出来なくなった可能性があると思います。
    この場合、借り手(最終資金需要者)側の落ち度ではなく、maneoマーケット、クラウドリースの事情で今回の事態が生じたことになります。

    実際、maneoマーケット、クラウドリースは原因として『この数か月間の資金調達環境の影響もあり、最終資金需要者の資金ニーズに即応できるだけのファンド募集がしがたい状況となって参りました。』と説明しているだけで、原因が借手(最終資金需要者)側にあるのか、maneoマーケット及びクラウドリース側にあるのかを明確にせず、『資金調達環境の景況もあり』との表現にとどめ、他の影響については濁しています。
    これは、自分たちに都合が悪いから濁しているのではないかと疑わざるをえません。

    やはり、自分たちの都合だけで投資家に損害を与える行為は許されるものではないのではないでしょうか。

    #870 返信 削除依頼

    匿名
    >>866
    だから泣き寝入りしろと!?

    それはあなたの判断。訴訟は個人だってできますから。でも訴訟するのが目的ではないでしょう?そう考えればなぜ受ける弁護士がいないのかという話。お金だけで考えたら2次被害の可能性が高いわけです。

    #869 返信 削除依頼

    匿名
    >>864
    >854 融資基準、リファイナンス基準を厳しくすること自体は問題ないでしょう。 特に、銀行のように自らがリスクを負う立場で融資を実行している場合は。 しかし、今回の件は、投資家から集めた資金を融資しています。 maneoマーケット、クラウドリースは、リファイナンスしないと回っていかないような案件のファンドを募集し、融資を実行していました。 さらにいうと、募集に際してリファイナンスが出来なくなった場合のリスクの説明はされていません。 つまり、maneoマーケット、クラウドリースは、リファイナンスしないと回っていかないような案件のファンドを募集し投資家からお金を集めておきながら、途中で後出しじゃんけんのようにリファイナンスを止めて投資家へ損害を与えました。 極端に言えば、maneoマーケット、クラウドリースは、既存の投資家が投資しているファンドを自らの作為で潰した訳であり、問題のない行為だとは思えません。 うまい例えではないですが、自発呼吸が不可能な患者に対して人工呼吸器を装着し延命措置を講ずることがあると思いますが、途中から人工呼吸器の運用基準を見直し、安易な人工呼吸器の装着による延命措置は控えることとしたとしても、すでに人工呼吸器を装着した患者から人工呼吸器を外す行為は極めて慎重に行うべきであり、安易な人口呼吸器の着脱は殺人罪に該当する恐れをはらんでいると思います。 今回の、maneoマーケット、クラウドリースの件においても、リファイナンスが必要な案件に投資させておいて、途中から基準を見直しリファイナンスを止めたわけであり、それにより既存の投資家は損害を受けているわけであり、罪に問える可能性はあるのではないでしょうか。 それに、リファイナンスを止めるにあたって既存の投資家を保護するための措置を一切講じていません。 本来であるならば、事前に既存の投資家に説明をしたうえで、どういう影響が出ることが予想されるが、どういう措置を講じることで既存の投資家への被害を防ぐというところまで検討されていて当然のことだったと思っています。

    米国債に投資していて、frbが政策金利を利上げすれば債券価格は下がりますし、利下げすれば債券価格は上がります。
    リファイナンスも同じこと。

    #868 返信 削除依頼

    匿名
    >>864
    >854 融資基準、リファイナンス基準を厳しくすること自体は問題ないでしょう。 特に、銀行のように自らがリスクを負う立場で融資を実行している場合は。 しかし、今回の件は、投資家から集めた資金を融資しています。 maneoマーケット、クラウドリースは、リファイナンスしないと回っていかないような案件のファンドを募集し、融資を実行していました。 さらにいうと、募集に際してリファイナンスが出来なくなった場合のリスクの説明はされていません。 つまり、maneoマーケット、クラウドリースは、リファイナンスしないと回っていかないような案件のファンドを募集し投資家からお金を集めておきながら、途中で後出しじゃんけんのようにリファイナンスを止めて投資家へ損害を与えました。 極端に言えば、maneoマーケット、クラウドリースは、既存の投資家が投資しているファンドを自らの作為で潰した訳であり、問題のない行為だとは思えません。 うまい例えではないですが、自発呼吸が不可能な患者に対して人工呼吸器を装着し延命措置を講ずることがあると思いますが、途中から人工呼吸器の運用基準を見直し、安易な人工呼吸器の装着による延命措置は控えることとしたとしても、すでに人工呼吸器を装着した患者から人工呼吸器を外す行為は極めて慎重に行うべきであり、安易な人口呼吸器の着脱は殺人罪に該当する恐れをはらんでいると思います。 今回の、maneoマーケット、クラウドリースの件においても、リファイナンスが必要な案件に投資させておいて、途中から基準を見直しリファイナンスを止めたわけであり、それにより既存の投資家は損害を受けているわけであり、罪に問える可能性はあるのではないでしょうか。 それに、リファイナンスを止めるにあたって既存の投資家を保護するための措置を一切講じていません。 本来であるならば、事前に既存の投資家に説明をしたうえで、どういう影響が出ることが予想されるが、どういう措置を講じることで既存の投資家への被害を防ぐというところまで検討されていて当然のことだったと思っています。

    厳しくなった基準をクリアできるように事業計画の見直し等行えばリファイナンスできたはずです。
    それをやらなかったのだから借り手側に落ち度があります。
    企業が努力をしないでも金を貸すべきという論調には賛同しかねます。
    少なくとも基準を厳しくしたことでこれから投資しようとしていた投資家の利益は守られています。
    怪しい案件に投資せずに済んだのですから

    #867 返信 削除依頼

    匿名
    >>864
    >854 融資基準、リファイナンス基準を厳しくすること自体は問題ないでしょう。 特に、銀行のように自らがリスクを負う立場で融資を実行している場合は。 しかし、今回の件は、投資家から集めた資金を融資しています。 maneoマーケット、クラウドリースは、リファイナンスしないと回っていかないような案件のファンドを募集し、融資を実行していました。 さらにいうと、募集に際してリファイナンスが出来なくなった場合のリスクの説明はされていません。 つまり、maneoマーケット、クラウドリースは、リファイナンスしないと回っていかないような案件のファンドを募集し投資家からお金を集めておきながら、途中で後出しじゃんけんのようにリファイナンスを止めて投資家へ損害を与えました。 極端に言えば、maneoマーケット、クラウドリースは、既存の投資家が投資しているファンドを自らの作為で潰した訳であり、問題のない行為だとは思えません。 うまい例えではないですが、自発呼吸が不可能な患者に対して人工呼吸器を装着し延命措置を講ずることがあると思いますが、途中から人工呼吸器の運用基準を見直し、安易な人工呼吸器の装着による延命措置は控えることとしたとしても、すでに人工呼吸器を装着した患者から人工呼吸器を外す行為は極めて慎重に行うべきであり、安易な人口呼吸器の着脱は殺人罪に該当する恐れをはらんでいると思います。 今回の、maneoマーケット、クラウドリースの件においても、リファイナンスが必要な案件に投資させておいて、途中から基準を見直しリファイナンスを止めたわけであり、それにより既存の投資家は損害を受けているわけであり、罪に問える可能性はあるのではないでしょうか。 それに、リファイナンスを止めるにあたって既存の投資家を保護するための措置を一切講じていません。 本来であるならば、事前に既存の投資家に説明をしたうえで、どういう影響が出ることが予想されるが、どういう措置を講じることで既存の投資家への被害を防ぐというところまで検討されていて当然のことだったと思っています。

    おっしゃるとおりだと思います。100%そう思いますよね。でもそれをどう証明できますか?相手は不利な資料なんて一切出さないですよ。だから詐欺相手の裁判はほぼ無駄。弁護士はみんな知ってる。

    #866 返信 削除依頼

    匿名
    >>865
    民事で1年以上かけても判決まで行かない。刑事には持ってけないから大丈夫、一生安泰。相手はプロ集団。クローズマーケットは圧倒的に業者有利。

    だから泣き寝入りしろと!?

    #865 返信 削除依頼

    匿名

    民事で1年以上かけても判決まで行かない。刑事には持ってけないから大丈夫、一生安泰。相手はプロ集団。クローズマーケットは圧倒的に業者有利。

    #864 返信 削除依頼

    匿名
    >>853
    融資基準を厳しくするなんて銀行だってやってるんだから それで資金ショートしましたは案件リスクの一部

    >854

    融資基準、リファイナンス基準を厳しくすること自体は問題ないでしょう。
    特に、銀行のように自らがリスクを負う立場で融資を実行している場合は。

    しかし、今回の件は、投資家から集めた資金を融資しています。
    maneoマーケット、クラウドリースは、リファイナンスしないと回っていかないような案件のファンドを募集し、融資を実行していました。
    さらにいうと、募集に際してリファイナンスが出来なくなった場合のリスクの説明はされていません。
    つまり、maneoマーケット、クラウドリースは、リファイナンスしないと回っていかないような案件のファンドを募集し投資家からお金を集めておきながら、途中で後出しじゃんけんのようにリファイナンスを止めて投資家へ損害を与えました。
    極端に言えば、maneoマーケット、クラウドリースは、既存の投資家が投資しているファンドを自らの作為で潰した訳であり、問題のない行為だとは思えません。

    うまい例えではないですが、自発呼吸が不可能な患者に対して人工呼吸器を装着し延命措置を講ずることがあると思いますが、途中から人工呼吸器の運用基準を見直し、安易な人工呼吸器の装着による延命措置は控えることとしたとしても、すでに人工呼吸器を装着した患者から人工呼吸器を外す行為は極めて慎重に行うべきであり、安易な人口呼吸器の着脱は殺人罪に該当する恐れをはらんでいると思います。
    今回の、maneoマーケット、クラウドリースの件においても、リファイナンスが必要な案件に投資させておいて、途中から基準を見直しリファイナンスを止めたわけであり、それにより既存の投資家は損害を受けているわけであり、罪に問える可能性はあるのではないでしょうか。
    それに、リファイナンスを止めるにあたって既存の投資家を保護するための措置を一切講じていません。
    本来であるならば、事前に既存の投資家に説明をしたうえで、どういう影響が出ることが予想されるが、どういう措置を講じることで既存の投資家への被害を防ぐというところまで検討されていて当然のことだったと思っています。

    #863 返信 削除依頼

    匿名

    違法性が確認されないと訴訟できません。

    #862 返信 削除依頼

    匿名

    集団訴訟するなら人数多い方が良いの分かる?他の案件の弁護士だってそれなりに周知したでしょ。着手だけでも何千万にもなる。そのコマーシャルがないって事は集団訴訟はないってこと。

    #861 返信 削除依頼

    匿名

    S弁護士も情報集めていますのでその時にはお願いしようと思います。とにかく今はグリフラやらトラストやらと忙しいみたいですし。まだ私としては様子見です。すぐにでも訴訟したい気持ちですが。

    #860 返信 削除依頼

    匿名

    損失確定したら鈴木弁護士は動くと思いますよ

    #859 返信 削除依頼

    匿名
    >>853
    融資基準を厳しくするなんて銀行だってやってるんだから それで資金ショートしましたは案件リスクの一部

    おっしゃるとおりですね。
    そう考えると、訴訟してもクラリーの違法性は何も問えずに負けるだけとなる気がしますね。
    その訴訟のせいでクラリーが態度硬化させて一般投資家にお金を返さなくなるのが一番困る。

    #858 返信 削除依頼

    匿名
    >>849
    貸付先引っ張ってくるのはクラリだからグリフラで黒と出た目的外使用はいけるでしょう。

    目的外使用ってありましたっけ?

    #857 返信 削除依頼

    匿名
    >>845
    >841 代理人に確認しますが 早く仕掛けたいので 同じ被害にあってる友人 その知人等で進めてます。 グリフラのと同じくマネオや立派な経営者らしい? 武谷氏まで行くつもりです。

    F 様

    841にて、当方も仲間に入れて頂きたいと意思表明したものです。
    大きな金額を拘束されており、このまま捨て置くことはできないと感じています。

    改めてご連絡させて頂きます。
    代理人様またはF様にご連絡するにはどうすれば宜しいですか?
    ご教示宜しくお願い致します。

    #856 返信 削除依頼

    匿名

    とりあえず、暇やったからTCの調査をしてみて、たぶん特定できた。
    前回はMCのこと(掲示板の場所とか)をここで書いたら社名を載せられたので、今回はやめとく。
    でも、裁判に向けて一歩前進やな。注視していく。

    #855 返信 削除依頼

    匿名
    >>846
    もし可能であれば参加したいです。 連絡先等あれば教えていただけると幸いです。 参加するとなれば同じ被害者という証明はさせて頂きます。

    >自分も集団訴訟に参加したいのですが。

    どの弁護士にあたったらようか?わかりません。

    仲間に入れてほしいです。

    S弁護士、あおいは忙しくて、対応できるかは不明だしね!

    #854 返信 削除依頼

    匿名

    リファイナンスの基準を経営判断で厳しくすることは問題ない
    マネマ、ガイア、クラリ、さくらは同じ理由で遅延

    #853 返信 削除依頼

    匿名

    融資基準を厳しくするなんて銀行だってやってるんだから
    それで資金ショートしましたは案件リスクの一部

    #852 返信 削除依頼

    匿名
    >>851
    マネマは、金融庁の指導に従っただけだから、違法性はない

    クラリというか訴訟対象はマネオ中心かと。
    クラリとクラリの代表、マネオとマネオの対象が訴訟対象になりますね。
    募集方法等(例えば適切な住所確認をしていなかったなど)に問題もありますし、システムの不備もありましたし、募集時の表記の問題もありますから(今の表記と過去の表記を比較すればわかる)。

    #851 返信 削除依頼

    匿名
    >>847
    グリフラと違って資金管理ごちゃごちゃとかポンジやってたとか資金流用したとかじゃないから訴訟やっても結果は厳しいんじゃないかなあ? マネマがかってに基準変えたのが原因でしょ? だとしたら、マネマには責任があるという話になるかもしれないが、クラリーの責任までは問えないと思う。

    マネマは、金融庁の指導に従っただけだから、違法性はない

    #850 返信 削除依頼

    匿名

    何度も書いてあったけどクラリで訴訟は起きないでしょ。個人でも探したけど条件合う弁護士いなかった。金だけ考えたら2次被害になる可能性が高いからやめた方がいいと言われる。集団にでもなって着手で3000とかあればいるでしょうが、改善命令もない。回収難しそうだしさすがにね。取れるとこに金なんて残してあるわけない、その道のプロ集団なのだから、、と言うのが本音。

    #849 返信 削除依頼

    匿名
    >>847
    グリフラと違って資金管理ごちゃごちゃとかポンジやってたとか資金流用したとかじゃないから訴訟やっても結果は厳しいんじゃないかなあ? マネマがかってに基準変えたのが原因でしょ? だとしたら、マネマには責任があるという話になるかもしれないが、クラリーの責任までは問えないと思う。

    貸付先引っ張ってくるのはクラリだからグリフラで黒と出た目的外使用はいけるでしょう。

    #848 返信 削除依頼

    匿名
    #847 返信 削除依頼

    匿名

    グリフラと違って資金管理ごちゃごちゃとかポンジやってたとか資金流用したとかじゃないから訴訟やっても結果は厳しいんじゃないかなあ?
    マネマがかってに基準変えたのが原因でしょ?
    だとしたら、マネマには責任があるという話になるかもしれないが、クラリーの責任までは問えないと思う。

    #846 返信 削除依頼

    匿名
    >>845
    >841 代理人に確認しますが 早く仕掛けたいので 同じ被害にあってる友人 その知人等で進めてます。 グリフラのと同じくマネオや立派な経営者らしい? 武谷氏まで行くつもりです。

    もし可能であれば参加したいです。
    連絡先等あれば教えていただけると幸いです。

    参加するとなれば同じ被害者という証明はさせて頂きます。

    #845 返信 削除依頼

    >841
    代理人に確認しますが 早く仕掛けたいので 同じ被害にあってる友人 その知人等で進めてます。
    グリフラのと同じくマネオや立派な経営者らしい? 武谷氏まで行くつもりです。

    #844 返信 削除依頼

    匿名

    >もうダメだ。早く集団訴訟しましょう!

    大賛成!!!!!

    #843 返信 削除依頼

    匿名
    >>842
    MC社は売上規模も違うし、リサイクル事業もやっているので全くの別物でしょ。 同じなのはTC、TD、DBだと思うが。

    同意見

    #842 返信 削除依頼

    匿名
    >>839
    MC社、TD社、DB社が同じ会社(グループ会社)の可能性が高いような気がします。 担保内容や返済内容をよく見てみると、MC社において一番大きな店舗を閉めましたが、その動産は担保ではないと記されています。更にLLPでの回収も記されていません。MC社の主な回収方法は、営業中の2店舗売却及びリサイクル業者の売却、不動産の売却です。 TD社、DB社では、すでに閉店した店舗の動産(総本店の動産と推測)の売却益となっています。総本店は2016年にできた大型店舗で、内容はパチンコ364台、スロット408台です。それと並行して他業者が営業譲渡の検討申込もあると記されていました。残りは2店舗から発生する売り上げによるLLP回収です。そこで問題なのがMC社とTD社DB社が被ってしまう2店舗の処理方法なのです。MC社では2店舗は不動産付き営業権の売却となっていますがTD社DB社では売上から(LLP回収)返すとなっています。MC社では早く売却、TD社DB社ではできるだけ長く営業すれば徳という矛盾したスタンスになってしまうのです。 不動産売却もまだ開始できず複雑な関係、これは数年はかかる雰囲気となっていますね。 しかしクラリは同じグループ会社なのに違う会社のように見せかけ募集をしたという意味では、悪質極まりないと思っています。九州案件もたぶん同じグループ会社なのでしょう。更にパチンコ製造販売のEA案件も先月期失になったCD社と同じグループ会社のような雰囲気でした。これが詐欺に該当するのかってなると偶然グループ会社だけであって、そのことを詳しく書かなかっただけと言われれば、残念ながらそうでしたかとしか言えないのです。

    MC社は売上規模も違うし、リサイクル事業もやっているので全くの別物でしょ。
    同じなのはTC、TD、DBだと思うが。

    #841 返信 削除依頼

    匿名
    >>833
    グリフラでもわかるとおり 早い訴訟提起が肝要なんで 法人含む11名で代理人立て 訴訟準備中 もう少しメンバー増えるかも クラリ待っとけや〜笑

    訴訟準備中とのこと。
    当方も仲間に入れて頂きたいのですが
    代理人様またはF様にご連絡するにはどうすればよいのでしょうか?
    ご教示宜しくお願い致します。

    #840 返信 削除依頼

    匿名

    グリフラ事件後も変わらずバンバン募集してたから安心してガンガン金入れた人多かったろうね・・。気の毒としか言えない。ブログや5chでもグリフラ以外は安心みたいな空気が強かった。全力で撤退して正解だった。ガイアは間に合わんかったけど。

    #839 返信 削除依頼

    P

    MC社、TD社、DB社が同じ会社(グループ会社)の可能性が高いような気がします。
    担保内容や返済内容をよく見てみると、MC社において一番大きな店舗を閉めましたが、その動産は担保ではないと記されています。更にLLPでの回収も記されていません。MC社の主な回収方法は、営業中の2店舗売却及びリサイクル業者の売却、不動産の売却です。
    TD社、DB社では、すでに閉店した店舗の動産(総本店の動産と推測)の売却益となっています。総本店は2016年にできた大型店舗で、内容はパチンコ364台、スロット408台です。それと並行して他業者が営業譲渡の検討申込もあると記されていました。残りは2店舗から発生する売り上げによるLLP回収です。そこで問題なのがMC社とTD社DB社が被ってしまう2店舗の処理方法なのです。MC社では2店舗は不動産付き営業権の売却となっていますがTD社DB社では売上から(LLP回収)返すとなっています。MC社では早く売却、TD社DB社ではできるだけ長く営業すれば徳という矛盾したスタンスになってしまうのです。
    不動産売却もまだ開始できず複雑な関係、これは数年はかかる雰囲気となっていますね。
    しかしクラリは同じグループ会社なのに違う会社のように見せかけ募集をしたという意味では、悪質極まりないと思っています。九州案件もたぶん同じグループ会社なのでしょう。更にパチンコ製造販売のEA案件も先月期失になったCD社と同じグループ会社のような雰囲気でした。これが詐欺に該当するのかってなると偶然グループ会社だけであって、そのことを詳しく書かなかっただけと言われれば、残念ながらそうでしたかとしか言えないのです。

    #838 返信 削除依頼

    匿名

    51億でもここの客はおとなしいのか裁判やる金がないのかほっとしてる。そっとしておいてよ。

    #837 返信 削除依頼

    匿名

    リファイなんスの要件を厳しくしたことによる延滞だから立件は難しい

    #836 返信 削除依頼

    匿名
    >>833
    グリフラでもわかるとおり 早い訴訟提起が肝要なんで 法人含む11名で代理人立て 訴訟準備中 もう少しメンバー増えるかも クラリ待っとけや〜笑

    ご苦労様。

    #835 返信 削除依頼

    匿名
    >>830
    重要なのは、同グループの話なのかと同グループだとまずいのかだと思います。 常識的にではなく、法律やマネマの規約的な違反があればかなり有効と思います。

    以前の報告から内容が全く一緒だからグループだろうと思っていたのだが、グループ貸付だとアウトなのかどうかがわからない。
    それぞれのファンド募集見ると、業歴の年数が全然違うから別会社だと解釈しても無理ない思う

    #834 返信 削除依頼

    匿名
    #833 返信 削除依頼

    グリフラでもわかるとおり 早い訴訟提起が肝要なんで 法人含む11名で代理人立て 訴訟準備中 もう少しメンバー増えるかも クラリ待っとけや〜笑

    #832 返信 削除依頼

    匿名

    夏休みの宿題じゃねぇんだから、んな内容のないくだらん読書感想文書いてねぇでさっさと回収しろ
    進行中だの要請だの言葉変えただけで、何も進んでねぇじゃんか

    どうせ社員がやってますアピールしてるだけだろ
    結果だせよ

    #831 返信 削除依頼

    匿名
    >>815
    全部ムラタだったのか  本契約に定める営業者の表明及び保証が重大な点において真実に反することが判明した場合約解除できる とある ここらへんで攻められないか http://www.mrt-recycle.co.jp/

    ここはMCだろバカが。約款まで空想すんなボケ。

    #830 返信 削除依頼

    匿名

    重要なのは、同グループの話なのかと同グループだとまずいのかだと思います。
    常識的にではなく、法律やマネマの規約的な違反があればかなり有効と思います。

    #829 返信 削除依頼

    TD

    投資家の皆様へ

    株式会社Crowd Lease(以下、当社)より、2019年1月9日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、
    回収活動状況をご報告させていただきます。該当の投資家の皆様への続報となります。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3085

    1.回収活動状況について

    当社及び関連会社の事業者Fが、債務者である事業者TDに対して実行中の回収施策につきまして、状況をご報告いたします。

    (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
    事業者TDがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。
    2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、
    1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。
    事業者TDは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、
    買取業者に見積もりを依頼しております。
    一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。
    いずれかの方法で事業者Fは第一弾の資金回収を図ります。

    (2)事業者TDの存続事業からの回収方針の再策定
    上記(1)のとおり営業店舗を2店舗に集約する事業再編を行う過程での対象動産の売却処分による返済の後は、
    残存店舗の事業収益から弁済を行う計画を事業者TDは提示しております。
    この段階で、事業者Fは、事業者TDの連帯保証人であり営業店舗の売上金からの粗利金入金・管理を行うLLP(有限責任事業組合)
    からの資金回収を行ってまいります。
    また、事業者Fは上記のLLP及び事業者TDの代表者及び取引先等の連帯保証人に対し、2月15日付けで催告書を発送し、回収を図るべく対応中です。
    事業者TDは、2店舗に集約した後に収益構造を改善し、上記のLLPからの返済継続、
    または営業権付での店舗及び対象動産売却の二案を検討しておりますが、当社は早期回収の観点から、
    その具体的な計画について事業者Fを介して事業者TDに提示を要請しております。

    2.今後の状況報告について
    引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、
    当社は事業者Fと協力し、回収に努めてまいります。
    該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #828 返信 削除依頼

    匿名
    >>826
    投資家の皆様へ 株式会社Crowd Lease(以下、当社)より、2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、 回収活動状況をご報告させていただきます。 1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。 https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3090 2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。 https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3114 1.回収活動状況について 前回のご報告以降、3月5日に事業者Cの代表者、財務経理責任者と面談し、今後の見通しについて協議いたしました。 (1)事業の継承による企業体力の強化について 同業種のアミューズメント事業を経営しております事業者Cの代表者の縁戚から、営業店舗4店舗を会社分割により継承し、 3月下旬を目途に事業者Cとして営業を開始する計画が進行中とのご報告をしておりましたが、3月16日より正式に事業者Cとして営業をスタートしました。 本事業の継承により、事業者Cは売上規模が現状のおよそ2倍に拡大することが見込まれ、 早ければ4月末より皆様への一部償還を開始することができる見通しで、具体的な金額等につきましては、4月初旬に事業者Cと打ち合わせを行い決定する予定です。 併せて、事業者Cは売上規模の拡大に伴う営業基盤の強化による新たな金融機関からの調達に向けて交渉をしております。 この金融機関からの調達については、現状においては確定的な情報としてお伝えできるものではございませんが、 融資実行がされれば、追加の返済資金となることを見込んでおります。 (2)事業者C主導による保有不動産の任意売却 事業者Mが担保設定している事業者Cの不動産の一部につきまして、事業者Cの事業外の不動産2か所を優先して売却いたします。 事業者Cは売却に向けて、対象地域での実績が豊富な不動産業者へ売却の仲介を依頼しました。 今後の状況については逐次報告を受けることになります。 (3)その他担保、保全策の実行 当社は、maneoマーケット社から上記の進捗による資金回収とともに担保権の実行や連帯保証人への請求等による回収も行うよう要請を受けております。 当社からも上記(1)及び(2)とあわせて実行を検討するよう事業者F及び事業者Mに対して要請しております。 2.今後の状況報告について 投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、回収に努めてまいります。 該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。 投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。 引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 2019年3月22日 匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease 匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    しつこい。こんな長文3回も貼るな。

    #827 返信 削除依頼

    MC社

    投資家の皆様へ

    株式会社CrowdLease(以下、当社)より、
    2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、回収活動状況をご報告させていただきます。該当の投資家の皆様への続報となります。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3095

    2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3110

    1.回収活動状況について
    当社、関連会社の事業者F及び関連会社の事業者Mが債務者である事業者MC対して実行中の回収施策につきまして、現状をご報告いたします。

    (1)アミューズメント事業における店舗売却に向けた購入希望者との交渉
    事業者MCが営業店舗として経営する4店舗のうち、低採算の1店舗は1月31日に閉店いたしました。
    なお、この店舗には事業者Fが所有する営業用動産設備(以下、「対象動産」)は含まれておりません。
    現在、店舗不動産所有者との事後処理や後継テナントへの引継ぎ作業を進めており、3月末にはこれら作業の大部分が完了する予定です。
    閉店したことによるコスト削減効果は年間3,000万円を見込んでおり、不要な資金流出を抑制することで、皆様への償還原資を確保いたします。
    他県エリアの2店舗につきましては、前回ご報告のとおり、大手アミューズメント企業との事業譲渡に向けた協議を継続中です。
    具体的な売却金額、売却予定日につきましては、前記の店舗閉店作業の終了後、4月初旬から本格的に協議に入ります。
    この事業譲渡には対象動産の売却も含まれる見込みです。(2)に述べますリサイクル事業におけるスポンサー候補との兼ね合いもあり、
    当該事業譲渡に向けた協議を急ぎ進めるよう、事業者F及び事業者Mから事業者MCに対して、引き続き強く要請しております。
    残り1店舗につきましては、事業者Fが保有している対象動産を売却して回収することになります。
    対象動産の評価査定を行った同業の事業者へ、対象動産の購入を打診しておりますが、現在のところ前記諸事情により進捗はございません。

    (2)リサイクル事業におけるスポンサー候補企業との業務資本提携に向けた協議
    リサイクル事業のスポンサー候補については、前回ご報告のとおり、事業者MCの既存取引先や大手企業など3社との協議を継続しています。
    また、ゴルフ場やメガソーラーの発電施設を数か所で運営している事業会社が、ソーラーパネルの廃棄処分事業を共同で行いたく、
    事業者MCの経営に興味を持ち、その協議に入っております。
    いずれのスポンサー候補企業も、交渉を進めていく過程で、風営法許認可業種であるアミューズメント事業の随伴の可否が課題となっています。
    従いまして、事業者MCとしては、アミューズメント事業の分離や上記(1)の事業譲渡を完了させてから、
    再度検討協議することが適切であるとの結論に至っております。
    なお、これらスポンサーとの業務資本提携や事業譲渡により得られる対価からの回収とともに、
    使用する重機、車両及び商品在庫の換価も含めて回収を実施する計画に変更はありません。

    (3)担保不動産の一部の早急な任意売却着手
    事業者MCは北関東エリアに展開事業以外で不動産を2物件所有しております。
    この不動産については売却活動を行い、返済原資に充当していく計画です。
    その他の担保不動産の処分についても任意売却を検討しておりますが、
    上記(2)の業務資本提携に影響を及ぼす可能性がある物件については、
    一時的に売却活動を控える方針です。

    2.今後の状況報告について
    引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、
    回収に努めてまいります。該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #826 返信 削除依頼

    C社

    投資家の皆様へ

    株式会社Crowd Lease(以下、当社)より、2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、
    回収活動状況をご報告させていただきます。

    1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3090

    2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3114

    1.回収活動状況について
    前回のご報告以降、3月5日に事業者Cの代表者、財務経理責任者と面談し、今後の見通しについて協議いたしました。

    (1)事業の継承による企業体力の強化について
    同業種のアミューズメント事業を経営しております事業者Cの代表者の縁戚から、営業店舗4店舗を会社分割により継承し、
    3月下旬を目途に事業者Cとして営業を開始する計画が進行中とのご報告をしておりましたが、3月16日より正式に事業者Cとして営業をスタートしました。
    本事業の継承により、事業者Cは売上規模が現状のおよそ2倍に拡大することが見込まれ、

    早ければ4月末より皆様への一部償還を開始することができる見通しで、具体的な金額等につきましては、4月初旬に事業者Cと打ち合わせを行い決定する予定です。
    併せて、事業者Cは売上規模の拡大に伴う営業基盤の強化による新たな金融機関からの調達に向けて交渉をしております。
    この金融機関からの調達については、現状においては確定的な情報としてお伝えできるものではございませんが、
    融資実行がされれば、追加の返済資金となることを見込んでおります。

    (2)事業者C主導による保有不動産の任意売却
    事業者Mが担保設定している事業者Cの不動産の一部につきまして、事業者Cの事業外の不動産2か所を優先して売却いたします。
    事業者Cは売却に向けて、対象地域での実績が豊富な不動産業者へ売却の仲介を依頼しました。
    今後の状況については逐次報告を受けることになります。

    (3)その他担保、保全策の実行
    当社は、maneoマーケット社から上記の進捗による資金回収とともに担保権の実行や連帯保証人への請求等による回収も行うよう要請を受けております。
    当社からも上記(1)及び(2)とあわせて実行を検討するよう事業者F及び事業者Mに対して要請しております。

    2.今後の状況報告について
    投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、回収に努めてまいります。
    該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2019年3月22日
    匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease
    匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    #825 返信 削除依頼

    匿名

    自分がやってる中ではME、SB、FCがきてない。

    それよりも、みさんは本当に亡くなられたんですか?

    #824 返信 削除依頼

    匿名
    >>815
    全部ムラタだったのか  本契約に定める営業者の表明及び保証が重大な点において真実に反することが判明した場合約解除できる とある ここらへんで攻められないか http://www.mrt-recycle.co.jp/

    ”本契約に定める営業者の表明及び保証が重大な点において真実に反することが判明した場合約解除できる”
    この文言何のどこにあります?

    #823 返信 削除依頼

    匿名

    >もうダメだ。早く集団訴訟しましょう!

    大賛成!!!!!

    #822 返信 削除依頼

    匿名

    SBの進捗状況はずいぶん長い間メールが来てない

    #821 返信 削除依頼

    匿名

    弁護士にも言われましたが、「初めから嘘でした」
    が有効とのことでそれが確認できると強いです。

    事業が苦しくなり手をうったがダメだった、はビジネス的に仕方ない話ということで、募集時点で違反という証拠があれば解除の助けになると思ってます。

    #820 返信 削除依頼

    匿名
    >>816
    クラリ社員の給料こそが、資金の流出だと思いますがいかがでしょうか?(笑) とりあえず、馬鹿な電話番を解雇して下さい(笑)

    電話番はクラリではなく、マネオですよ

    #819 返信 削除依頼

    匿名
    >>815
    全部ムラタだったのか  本契約に定める営業者の表明及び保証が重大な点において真実に反することが判明した場合約解除できる とある ここらへんで攻められないか http://www.mrt-recycle.co.jp/

    3社も同じであれば、完全に投資の錯誤を誘発していると思うのですが、法的はどうなんですかね

    #818 返信 削除依頼

    匿名

     八王子のマックでの女子高生の会話では、複数なんて、信じられない・・・ということみたいですよ

    #817 返信 削除依頼

    匿名

    確認です。

    複数の事業者が同じグループはダメ、はどこかにありましたっけ?
    別に繋がっていても良いとされる文章があると破綻するため確認させてください。

    #816 返信 削除依頼

    匿名
    >>796
    投資家の皆様へ 株式会社CrowdLease(以下、当社)より、 2019年1月9日及び2月6日にご報告いたしました延滞発生の案件につきまして、回収活動状況をご報告させていただきます。該当の投資家の皆様への続報となります。 1月9日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。 https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3095 2月6日付【延滞発生に関するご報告】は、以下をご確認ください。 https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3110 1.回収活動状況について 当社、関連会社の事業者F及び関連会社の事業者Mが債務者である事業者MC対して実行中の回収施策につきまして、現状をご報告いたします。 (1)アミューズメント事業における店舗売却に向けた購入希望者との交渉 事業者MCが営業店舗として経営する4店舗のうち、低採算の1店舗は1月31日に閉店いたしました。 なお、この店舗には事業者Fが所有する営業用動産設備(以下、「対象動産」)は含まれておりません。 現在、店舗不動産所有者との事後処理や後継テナントへの引継ぎ作業を進めており、3月末にはこれら作業の大部分が完了する予定です。 閉店したことによるコスト削減効果は年間3,000万円を見込んでおり、不要な資金流出を抑制することで、皆様への償還原資を確保いたします。 他県エリアの2店舗につきましては、前回ご報告のとおり、大手アミューズメント企業との事業譲渡に向けた協議を継続中です。 具体的な売却金額、売却予定日につきましては、前記の店舗閉店作業の終了後、4月初旬から本格的に協議に入ります。 この事業譲渡には対象動産の売却も含まれる見込みです。(2)に述べますリサイクル事業におけるスポンサー候補との兼ね合いもあり、 当該事業譲渡に向けた協議を急ぎ進めるよう、事業者F及び事業者Mから事業者MCに対して、引き続き強く要請しております。 残り1店舗につきましては、事業者Fが保有している対象動産を売却して回収することになります。 対象動産の評価査定を行った同業の事業者へ、対象動産の購入を打診しておりますが、現在のところ前記諸事情により進捗はございません。 (2)リサイクル事業におけるスポンサー候補企業との業務資本提携に向けた協議 リサイクル事業のスポンサー候補については、前回ご報告のとおり、事業者MCの既存取引先や大手企業など3社との協議を継続しています。 また、ゴルフ場やメガソーラーの発電施設を数か所で運営している事業会社が、ソーラーパネルの廃棄処分事業を共同で行いたく、 事業者MCの経営に興味を持ち、その協議に入っております。 いずれのスポンサー候補企業も、交渉を進めていく過程で、風営法許認可業種であるアミューズメント事業の随伴の可否が課題となっています。 従いまして、事業者MCとしては、アミューズメント事業の分離や上記(1)の事業譲渡を完了させてから、 再度検討協議することが適切であるとの結論に至っております。 なお、これらスポンサーとの業務資本提携や事業譲渡により得られる対価からの回収とともに、 使用する重機、車両及び商品在庫の換価も含めて回収を実施する計画に変更はありません。 (3)担保不動産の一部の早急な任意売却着手 事業者MCは北関東エリアに展開事業以外で不動産を2物件所有しております。 この不動産については売却活動を行い、返済原資に充当していく計画です。 その他の担保不動産の処分についても任意売却を検討しておりますが、 上記(2)の業務資本提携に影響を及ぼす可能性がある物件については、 一時的に売却活動を控える方針です。 2.今後の状況報告について 引き続き、投資家の皆様には少しでも多くの配当を一刻でも早く実現できますよう、当社は事業者F及び事業者Mと協力し、 回収に努めてまいります。該当する投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、引き続き定期的にメールにてご報告いたします。 投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。 引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 2019年3月22日 匿名組合契約における営業者 株式会社Crowd Lease 匿名組合出資の募集取り扱い maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2011号)

    クラリ社員の給料こそが、資金の流出だと思いますがいかがでしょうか?(笑)

    とりあえず、馬鹿な電話番を解雇して下さい(笑)

    #815 返信 削除依頼

    匿名

    全部ムラタだったのか 

    本契約に定める営業者の表明及び保証が重大な点において真実に反することが判明した場合約解除できる
    とある
    ここらへんで攻められないか

    http://www.mrt-recycle.co.jp/

    #814 返信 削除依頼

    匿名
    >>811
    事業者DBと事業者TDと事業者TCのメールが同じ内容です。 (1)事業者Mが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者DBがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。 もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者DBは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出しました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TDがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TDは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TCがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TCは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。

    ひとつのグループ企業に貸していたと言うことですね

    #813 返信 削除依頼

    匿名
    >>811
    事業者DBと事業者TDと事業者TCのメールが同じ内容です。 (1)事業者Mが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者DBがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。 もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者DBは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出しました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TDがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TDは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TCがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TCは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。

    わーい、誠実!

    #812 返信 削除依頼

    ren
    >>811
    事業者DBと事業者TDと事業者TCのメールが同じ内容です。 (1)事業者Mが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者DBがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。 もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者DBは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出しました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TDがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TDは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。 (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収 事業者TCがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。 2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、 1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。 事業者TCは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、 買取業者に見積もりを依頼しております。 また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。

    ふざけすぎ!
    訴訟しかないかな!!

    #811 返信 削除依頼

    匿名

    事業者DBと事業者TDと事業者TCのメールが同じ内容です。

    (1)事業者Mが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
    事業者DBがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。
    2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。
    もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。
    事業者DBは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、買取業者に見積もりを依頼しております。
    また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出しました。

    (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
    事業者TDがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。
    2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、
    1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。
    事業者TDは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、
    買取業者に見積もりを依頼しております。
    一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。

    (1)事業者Fが所有する営業用動産設備の第三者への売却による回収
    事業者TCがグループとして営業する4店舗のうち、採算性が悪化した2店舗を閉店する計画が進行中です。
    2店舗中の1店舗は2月末に閉店しました。もう1店舗につきましては、現時点では時期は未定ですが、
    1店舗目の閉店後の状況を踏まえて、対応していくことになります。
    事業者TCは閉店した店舗内の営業用動産設備(以下、対象動産)を売却処分するべく、
    買取業者に見積もりを依頼しております。
    また一方で、隣県の同業他社から営業の譲渡を検討したい申し入れがありましたので、検討資料を提出いたしました。

    #810 返信 削除依頼

    匿名

    >>808
    確かに・・・・
    次の元号は「誠実」だそうです

    #809 返信 削除依頼

    匿名
    >>807
    要するに現状全く回収出来てないからもう少し黙って待ってろ!ってこと?

    お前らうざいから夢を見させてやるよ、ってこと。

    #808 返信 削除依頼

    匿名

    元号変わる前になんとかしろよ恥ずかしいぞ。

    #807 返信 削除依頼

    J

    要するに現状全く回収出来てないからもう少し黙って待ってろ!ってこと?

    #806 返信 削除依頼

    匿名

    張ってくれた方ありがとおうございます!!

    #805 返信 削除依頼

    匿名
    >>800
    そんなのはいちいち書かずにクラウドリースに電話でもしろよ。

    またおまえか

    #804 返信 削除依頼

    匿名

    相変わらずマネオファミリーの報告は報告になってない

100件の投稿を表示中 - 1 - 100件目 (全903件中)
返信先 >> [613] (クラウドリース 掲示板3)


削除依頼フォームへ進みますか?